奴庶民の自覚のSUSUME!「3S」の檻(おり)なんてぶっ壊せ!!【後編】

好きな言葉は「言葉酔いすらできてねえ」

SONKYOZINE運営メンバーの「リリー・ナマイキー」だ!
後編も生意気に、3Sの封印を解いちゃうぜ!

ナマイキー

 

前編がまだのキミは、ここから読んでくれよな!

 

はじめにSEX(エロス)ありき!

 

2番目のSは「SEX」!
まあ要するにエロだね。エロ

エロス!

エロスか・・・

もちろん、こいつはただの下ネタってわけじゃない

「性」と言えば、僕ら生き物に関わる大問題。

性(エロス)がなければ、僕らは誰も生まれなかった。

 

お父さんとお母さんも

そのまたお父さんとお母さんも、

そのまたずーっと前まで先祖を遡っても・・・

 

エロスとエロス、性と性が交じり合って生まれてきたんだ。

そう、誰しもエロスからはじまった・・・!

 

そしてこのエロってのも、戦争経済の檻(おり)の中に封印されているものの一つなんだ!

よしっ!その封印を解こう!

 

それ、ほんとうにSEX?

 

男女関係なく、思春期になったら性に興味を持つのは自然なことだし・・・

 

男であることと

女であること

それは、生命の本質に関わる大切な教養。

 

科学だとも言えるよね。

 

だから、性に関わることは大切にすべきものだし、キチンと学び踏まえるべきものなはず!

 

それなのに・・・

 

僕らは性(エロス)の話題を「下ネタ」と呼び、

もはや「照れ」を通り越して、ある種の「罪悪感」「恐れ」すら感じてしまうのは、なぜなんだろう?

 

そこには、3Sを通じて現代人が刷り込まれてしまった「洗脳」

エロスを捻じ曲げ抑圧してきた

「現代恋愛教」

の影が横たわっているんだ。

 

SONKYOZINEでは、

性の解像度が

文明の解像度である!

と結論を出している。

 

ボクらの性の捉え方が、文明を創っているとも言えるんだ。

 

それはシンプルに・・・

 

すべての人体は、セクシャリティから生まれてくるわけで、

文明ってのは、その人体が集まって創られる、

 

ってことを考えれば、当然の「類推」だよね。

 

でも、ボクらの知ってる「性」ってのは、どうにも「恋愛ドラマ」の焼きまわしばかりだ。

 

「月9」や「ディズニー」に描かれるような、結局は自己愛独占欲を満たすための狭い恋愛観

 

いかにもシアワセそうな空気をまとって、メディアに取り沙汰される芸能人のゴールイン!

 

そんないかにもステレオタイプな「結婚」は、3年後にドーパミンが切れたら期限切れ!?

 

そんな芸能人のゴシップを、平成のテレビやネットニュースから星の数ほど観させてもらった!

それが、メディアや映画やドラマでボクらが刷り込まれている男女像だ。

 

まさに、恋愛のエンタメ化!!

 

そんな低解像度な男女関係への捉え方が、

人と生身でふれ合うことのできない男女を生み出し、人体のエロスを抑圧して・・・

 

「ストーカー」「痴漢」と言った社会問題にもなっていたりする!

 

これこそ、

性の劣化=文明の劣化

じゃない??

 

犯罪に手を出さなくても、生身のカラダとのふれ合いができない人が、先進国ほど増えている。

それと比例するように株価を伸ばすのは・・・

セルフ・プレジャー・グッズ!!!

 

2020新型コロナショックのロックダウンで、欧米ではTENGAの商品がバカ売れ(メインは女性向け商品)だったらしい。

 

今後、このエロ(SEX)産業は、

三密ゆえに開催の危ぶまれるスポーツ(sports)観戦と相まって、

もう1つのS=Screenと一体化して発展してゆく近未来が間違いなくやってくるだろう!

 

エロスは、テクノロジー発展の原動力でもあるからだ!!

でも・・・マジでもう一回聞いちゃうけど、

 

ボクらって、ほんとにこのまま、奴庶民として生きてていいの??

こんな状態のまま、子どもたちに未来を引き継がせていいの??

 

ボクらが望んだのは、

セルフプレジャーグッズに囲まれる近未来だったのかーー!!??

 

ほんとうに”大人”なカラダになろう!

 

じゃあ?

一体どうしたらいいの??

ってハナシだけど・・・

 

その答えも、ちゃんと用意されているのがSONKYOZINEのいいところ!

 

ボクらの人体、このカラダは

男性性

女性性

を、1つのカラダでバランス良く統合して、心身の動きとして体現することができるんだ。

え?
どういうこと??

もしかして、両性具有、的なこと・・・??

いや、これはそんなに飛躍したハナシじゃないよ

 

自分が男性だからといって、自分の中に女性性がないと思ったら、大間違い!

 

の中にも女性性があるし

の中にも男性性があるんだ。

 

それは、日本の伝統芸能である

歌舞伎

なんかを見ると分かりやすいよね!

 

人間国宝であり、当代一の女形、坂東玉三郎さんの動きは、なんとも艶めかしい!

 

この美しいバランスこそ、「女性性」を統合した男性の動き。

 

一つの人体の中で、

「男性性」と「女性性」を調和

させていくことで・・・

 

真に成熟したエロスのにじみ出る大人になっていくってわけよ!!!

 

それは、なかなかナマイキだね。

でも、ちょっと興味あるかも・・・

大丈夫。
これって全然下ネタでもなんでもなくって、ボクらひとりひとりのカラダが持つ「感性」のハナシなんだ

 

それは、下腹重心を体得して舞う響社長のRequiem神楽から、学ぶことができるよ。

実は、メンバーページには公開されてないんだけど・・・

 

響社長の「Requiem神楽」の中には、”女性性”を表現した舞いがいくつもあるんだ!

 

女性の喜び、苦しみ、嫉妬、情をすべて表現したものや・・・

 

のような、のような美しい女性性の動き。

闊達な少女の軽やかな動き、子を護る母性の動き。

とても言葉では表現できないが、真剣に見ているうちに体感で受け取れるものがある。

 

実際にカラダを動かして舞いを学ぶ「見取り稽古」ってのもあるんだけど、

学びたくなったら、いつでも『蹲踞アナザフロンティアスクール』の門を叩いてくれよ!!

ついに大ボス「Screen」

 

最近はコロナによって、ステイホームな時間を過ごす人も増えたよね

家でNetflixやAmazon Primeで映画を見たり、YouTubeで動画を見たりしてさ

 

ボクもそうやって休日をまるまる使い切ったことはあるし、キミにも経験があるんじゃないかな?

 

で、あるあるなのが・・・

 

つい見はじめた、YouTube!

ちょっと5分だけ〜!!

のつもりが・・・

気がついたら、2時間たってた!!!

 

なんて経験、ない?

 

ある

あるね

あるよね
ついやっちゃうよね、人間だもの。

でも、これがなかなかヤバいことなんだ・・・

 

なにがヤバいって、そん時の脳は「ドーパミン」がドバドバ出る出る!!

 

これってなんと・・・

スロットマシーン

にハマってる人の心理と同じなんだな!!!

(掲載元 casino.org)

 

スロットマシーン・・・?
やったことないけど・・??

まあ、中毒みたいなもんってことだよ

でも、ドーパミンが増えると「やる気」が出るって聞いたことがあるよ?
それがそんなにヤバいことなの?

なにごとも「やりすぎ」ってのは良くないってことなんだ。
ドーパミンもね

 

たしかに、ドーパミンが全く出ないのもヤバいよ。

それこそ「やる気」がゼロになっちゃって、鬱(うつ)になっちゃうから。

 

でも、ドーパミンにも

ブスな側面

があることを知っておいてくれい!

 

スクリーンに消えた
キミの可能性・・・

 

もともとドーパミンってのは・・・

原始的な生活のなかでは、

獲物(食物となる草食獣)

 

(危険な肉食獣)

 

が現れたときに、出ていたホルモン(焼肉じゃないよ)なんだってさ。


(掲載元  tasnimnews.com)

でも、現代の都市生活では、SCREENや街にある広告から受ける情報の刺激が多すぎて、

もう1日中ライオンが、ずーっと周りにいるのと同じ状態ってこと!

 

 

こわいこわいこわいっ!!!

「ムツゴロウさん」か!

その通り!!
そりゃー疲れるよねって話だ

 

ずーっと命の危険がともなう緊張状態。

リラックスとはほど遠いよね。

 

ドーパミンってのは、

ここぞっ!

という場面で「やる気」「集中力」を出すときや、

ストレス(困難)を乗り越えるためのもの。

 

それをぜ~んぶ

YouTubeやNetflix

=スクリーンタイム

に費やしちゃってるとしたら・・・

 

ヤバいよね?

 

てゆーか・・・

もったいないことしましたね!!!

え?そうなの?

だってさ!
その「やる気」や「集中力」を、もっと別な方向へ向けられたら・・・

文明だって創れちゃうかもしれないじゃん!!

ってハナシよ!

う〜んたしかに

可能性をドブに捨ててる気がするね・・・

し・か・も!

さらにヤバいのが・・・

 

スクリーンから流れてくる映画やアニメってのは

  • ドラマティックで刺激的なシーンや
  • 感動なクライマックス

の連続だってこと!

 

それを体験することによって、何が起こるかって言うと・・・

無感動

になっちゃうんだ!!!

 

どーゆーこと??

映画を見たら、感動するじゃん??

でも、それはあくまでスクリーンの中でのお話だよね?

現実ってのは、決してドラマティックの連続ではない。

日常って、けっこう地味だ。

 

それなのに、ドーパミンを出し続けることに慣れた脳は、現実でも映画のような「ドラマチック」な体験を求めてしまったりする。

 

その結果、なにが起こるか・・・?

本当に大事な目の前の関係性や、リアルな人との全身の毛穴が開くような感動体験に対して、

鈍感

になってしまうんだ!

 

さらにッ!!!

 

そんなノンドラマチックな日常に対して、過剰にドラマを求めるあまり、

せっかちに
自己成長ばかりを

追い求めたりもする。

 

が・・・

たいていの場合はうまくいかない。

 

なぜなら、それまで出ていたドーパミンは

自助努力

という正当な対価なしに手に入れた、いわば

他人のドラマチック

にすぎない!

 

そんなダレカのドーパミン体験に、カンチガイして浸りきった脳は、

地道な下積みの価値

なんて理解していない場合が多いんだよね。

 

これが、平成のテレビやネットで育った現代っ子が、

やたらと「不労所得」をめざして、うまい話へ吸い寄せられてしまったりするカラクリ。

 

ラクして成功しよう

としてしまう人の心理構造だとも言える!!

 

そして!

そんなバーチャルなSCREEN(視覚情報)のクライマックスにしか反応できなくなってしまった人たちが行き着く未来は、キミにも予測できるだろう?

 

 

 

そう、仮想現実(VR)だ。

 

キミがほしい未来はVRの中にあるの?

 

これから近未来にかけて・・・

 

3S(4S)は仮想現実=VR空間で一体化してゆくだろう!

そしてそれは、コロナショックにより一気に加速してゆく世界線としてボクらの目の前に現れてきた!!

 

東京オリンピックでスポーツ(Sports)観戦ができなくなり、

密室で密会して親密になることも自粛気味の男女の性(SEX)事情を考えれば、

まあ、当然って感じか。

 

全世界のスクリーンタイムも、これから増えることはあっても減ることはない。
技術投資はドンドン増えてゆくよね。

 

でも、VRってのは所詮は道具にすぎず、そこで体験できる世界も人工物でしかない。

 

だから大事なのは、

それをどう使うか?

ってことだよね。

 

キミの好みのモノだけが切り取られ、マシンがレコメンドするキミの好む脳内体験をずーーっと繰り返す・・・

相手に合わせたりしなくて済む、

完全なる自分だけの世界(檻)!

 

誰もあなたの邪魔をすることがない、

無限に広がる妄想の世界(檻)!!

 

超きもちよ〜くガス抜きしてくれる

無限ループのセカイ系の完成!!!

 

そんな世界だって、きっとそんなに遠くない未来で実現可能だろう。

 

だが、しかし!!!!

 

「そんな未来、

ぜったいイヤだ!!!!!」

 

なぜか腹の底から、そんな違和感が強烈に湧き上がるキミへ

宇宙海賊舞装団からレコメンド(おすすめ)があるよ!

 

さあ、時間だ!いざ「足」から革命は起こる!

 

話をもどそう。

ボクら庶民は、奴庶民だ。

では、

なぜ奴庶民なのか??

それは・・・

 

足が”奴庶民”

だからだ!!!

 

足が、奴庶民・・??

そうなんだ

 

宇宙海賊舞装団は、

どのようにして「戦争経済・都市生活」から、カラダの可能性を守り解放すると思う?

 

それが・・・

足育レボリューション

だ!!!

 

足育レボリューション・・・?

足を育てて革命を起こすの・・?

よし!
宇宙海賊団専用辞書『足育レボリューション』より、その全文を引用しよう!

 

  • 足育レボリューションとは・・・?

 

コロナショックで思考停止せずお家で足育することの意味。

 

20世紀から21世紀初頭までお金の量によって積み上げた都市生活に 封印されたのは、

実は僕らの足だった。

 

顔は美容整形してインスタ映え可能だが、足の”機能美”は美容整形では全く出来ない。

ひん曲がった外反母趾は外科手術可能だが、ひん曲がった重心(姿勢)は外科手術不可能である。

 

あくまでも自分自身の足育努力にて、キミの姿勢その重心を、その下腹に養う以外、道はない。

 

これが 戦争経済なる都市生活によって封印された足に進化を起こす道

『足育レボリューション』

である。

 

足育レボリューションは地球人類の Newtype性を発揮するための教育革命でもあり、大人の学び直しでもあり、本物の英才教育でもある。

 

どんな年齢でも、足育レボリューションを始めるなら、その足から戦争経済の封印は徐々に解け始める。

もちろん若い学徒らにおいては、すでにその丹田に秘められていた才能が足育レボリューション( 下腹重心体得)により、一挙に開花する可能性も十分あり得るだろう。

 

これはリアルなキミの人体の事なので、決してヴァーチャルではないノンフィクションである。

 

忘れないでくれ、キミの足は現時点で完成形ではない。

足育レボリューション(舞装する)。

 

下腹重心を体感すれば、キミの足はもっと進化する、必ずそう必ず進化する。

 

そのエビデンスこそ、僕ら

宇宙海賊舞装団

だ。

 

キミの足育に幸あれ!!!

 

 

地に足つけて、ボクらは学んでゆこう

 

最後に、ボクからひとつ!

キミへおすすめしたいのが・・・

五本指靴下!

だ!

 

靴下といえば、このカタチ

 

が一般的だけど・・・

 

足を育てるなら、断然こっちだ!!

 

足はひとかたまりの肉塊じゃない。

 

細かな部位が連動して動く、とても繊細な構造になっている。

 

あの天才レオナルドダビンチが、

足は、人間工学上の傑作であり、最高の芸術作品である。

って言ったほどにね。

 

 

さあ、ここまで「奴庶民の自覚」を踏まえながら、3Sのトラップに迫ってきたけど、どうだったかな?

 

結局3Sは、すべてキミのカラダを封印するもの!

 

そして、

そのカラダの封印を解く

ことが、

 

脱・奴庶民

への唯一のカギだ!

ってことが伝わったのなら、サイコーだ。

 

キミも、生意気な舞装団の仲間入りだよ。

 

もし、また

  • わからないこと

  • 困ったこと

があれば、遠慮なくボクら宇宙海賊舞装団にコンタクトして、いつでも聞いてきてくれ!

 

なぜなら・・・

 

ボクらは、一人じゃ脱・奴庶民すらできないし、

まして、これまでの昭和や平成の延長線上にはない、別の近未来=アナザフロンティアなんて創れないんだ。

 

だからこうして、オンライン上にも集まれるサイト=場所としての「学び舎」を創っている!

 

そう、ボクらはキミからも学びたいんだ!!

 

ボクらにはやりたいこと&やるべきこがいっぱいある!

『足育』は大切なピースだけど、そのほんのはじまりに過ぎない!!

 

ボクらが響社長に見せてもらった、奴庶民の檻の外の景色は、あまりに広すぎて・・・

ボク一人の力じゃとてもじゃないけど、探検しきれそうにないんだ。

 

だから、キミにも協力してほしい!

困ったことがあれば、いつでも聞くよ!

 

せま~い3Sの檻(おり)なんて、生意気にぶっこわして、いっしょに冒険しようぜ!

 

p.s.

コレは何年か前にRSEL寺子屋で作った「奴庶民の自覚のSUSUME」の動画講座なんだけど、

 

マジでこの学びにチャレンジしてみたい!!

ってキミには、全速力で学んでみてほしいから、プレゼントしておくよ!

それじゃあ、またね!

つづく!!

無料メンバー登録で
SONKYOZINEの仲間と遊べる
”秘密基地”に集合!!!

現在のメンバー数 2031
キミが本当に知りたいこと、キミが今困っていること、その違和感の全ての答えは、この向う側にある