「好きなことを仕事にした人」は幸福度低い!withコロナ時代の後悔しない職業選択のお話

大変だ!!!

ヤバい話を聞いてしまった!!!

 

のっけから、はしゃいで申し訳ない!

でも、これは伝えたくてたまらない!

ついさっき、僕の中の常識がまた一つ

ぶっ壊されたのだから・・・

 

今日する話は、人生のターニングポイント!

 

職業選択のお話

 

NOW悩んでいる人もいるはず。

大事なことだからこそ、キミもいろんな人に相談してきたんじゃないかな?

そして、諸先輩方の多種多様なアドバイスを受けてきたはず!

  • 「好きなことを仕事にしなよ」
  • 「やっぱ安定した業種だよね」
  • 「自分に合った業種・職種をまず探しなよ」
  • 「まず適性テストうけなよ」

そのどれもが、実は的外れだとしたら・・・

 

えっ、いろんな本にも書いてたし、真に受けて頑張っちゃったんだけど・・・

そうだよね、僕もそうだったよ。

 

でもね。わかってきたことは、

多くの先輩方が内心、「職業選択に成功した!」と思ったことがないこと!

故に、自分がやらなかったこと(後悔)や、成功してそうな人の言葉でアドバイスをせざるを得なかったということが真実だということだ。

 

オーマイガー!

 

Withコロナの新時代、過去の常識が通用しないからこそ、

これまでの常識とやらを整理して、冷静に受け止めながら、

時代にマッチした超納得点ある生き方を追求していきましょう!

 

脱・選択のパラドックス!

 

事実1:「好きなことを仕事にした人」は幸せか?

出典:LIFE WORK.CAFE

「好きなことを仕事にしよう」

これはもう、キャリア相談の鉄板回答だ!

今まで1000回くらい聞かされた気がする・・・

この考え方は、かの有名なスティーブ・ジョブズのスピーチで爆発的に広まったと言われる!

結構、歴史浅い!!!

(調べたら2005年だった)

けど、知ってる人は知ってるだろう。

テックで成功した彼だが、実は・・・

 

スティーブ・ジョブズの場合

 

あれ、ジョブズさん。どちらかというと思想・哲学オタクじゃなかったっけ?

そう!別にテック好きじゃない!!!

大学時代のジョブズはというと、ユダヤ・キリスト教・イスラム教・アニミズム・太陽神・思想・坐禅・食事・ヒッピー文化に心酔し、裸足で校内を歩き、一時は風呂に入らない時期もあったほど。

出典:nippon.com/公益財団法人ニッポンドットコム

精神性大好き!

彼の”好き”はこの辺にある。

仕事の傍ら、生涯通して「禅」を続けていたことは有名。

けど、仕事にはしていない!

 

じゃあ、なぜテックを仕事にしたかといえば・・・

ウォズニアックとの出会いがあったればこそ!

彼がいたから「イケる!」と直感し、突き進んだ道だった!

たぶん一人だったら、テックの道には進んでいないだろう。

 

爆発の起点である当人は、別に「好きを仕事に」していない!

 

極めつけはコレだ!

2015年、ミシガン州立大学が 「好きなことを仕事にする者は本当に幸せか?」 という大規模な調査。

そこで判明した事実!それは・・・

 

どうやら、

 

「好きなことを仕事にした人」は

幸福度が低い。

 

という研究結果が出たというのだ。

理屈は簡単。

いかに好きな仕事だろうが、現実には当然、雑務や対人トラブルといった大量の「面倒」が起きる。

「好きな仕事」 を求める気持ちが強いと、そのぶんだけ現実の仕事に対するギャップを感じやすくなる。

 「いまの仕事を本当に好きなのだろうか?」 といった疑念が生まれる。

その結果、最終的な幸福度が下がる。

というわけだ!

他にも、オックスフォード大学が行った別の研究では 、

 

「好きを仕事にした人ほど長続きしない」

 

との結論も出ています!

 

「好きを仕事にする」は自然と「期待とのギャップ」を勝手に作りだすために、一喜一憂してしまう、負のループに入りやすいんです。

 

安定して不安定!

 

結果モチベーションはダダ下がり、生産性はあがらない。

しおしおと元気がなくなり、

もっと自分にあったものがあるはず!

の幻想に憑りつかれてしまう可能性が高いんだね。

これは危ない!

ということで、平成で大流行した「好きを仕事にキャリア観」には要注意だ!

 

事実2:将来が安定した職業の罠

出典:マナビズムチャンネル

「好きを仕事に」のライバルともいえるキャリア観が、

 

「安定した仕事を選ぼう」

 

これだ!職業選択アドバイスの2大巨頭ともいえる!

さっきGoogleで【安定した職業 コロナ】で検索したら、

『withコロナ時代の仕事選びは「好き」と「安定」どちらが大切?』

が1位に出てきたくらいだ(笑)

 

この根強い「安定神話」ですが・・・

 

もうこれは、コロナで身に染みてわかったことですよね!

 

「安定神話」虚構です!

 

社会環境は常に変わり続ける。

これは歴然とした事実!

ときには、3.11のような大地震や、今回のコロナのように、歴史的な大転換を余儀なくされることもある。

 

そんな中、「安定」を求めると・・・

その落差から、常時不安定になってしまうのは自明の理だ!

 

移り変わり変化することを受け入れることこそが、

精神的には平常運転=「安定」につながるんです!

固定不変を「安定」とする時代は終わりました。

というか元々迷信だったわけですね。

 

事実3:適性テスト・適職診断テストは当たらない?

 

「まず適性テストうけなよ」

 

一理あるこのアドバイスの危ないところは、

 

診断された職業の

実際の仕事内容がわからない!

 

コレだ。どう働くことになるかを知らない!

っていう当たり前のお話。

 

テストで結果出たからって、

あぁ、これが私に向いてるんだ!

って思い始めるのは結構アブナイ。

なぜなら、適性以前に、

仕事において必ず苦労が起こること。

これを忘れてはならない。

 

そのフワッフワッした感じは、子供が、

将来は仮面ライダーになりたいです!

と言ってるのと変わらないくらい、その仕事の過酷さを考えていない!と思って欲しい。

 

だとしたら、

 

どういう苦労ならしてもいいか?

納得できるか?

 

それを決めておく必要があるよね。

 

そのためには、まず自分のことを知らなくてはいけないし、

その仕事で、実際にどんな苦労が起こるかを知らなくてはならないよね。

「この人たちとなら苦労してもいい!」の納得感もメチャクチャ大事だ!

 

「適職がわからない」のコンプレックスは持たなくて大丈夫!

もうすこし説明しましょう。

2014年にロイファナ大学が多数の起業家にアンケートを行い、それぞれが 「いまの仕事をどれだけ天職だととらえているか?」 を調査しました。

アンケートでは、

  • 「仕事に投入している努力の量」
  • 「毎日どれだけワクワクしながら働けているか?」

といったポイントをチェックしたといいます。

その結果わかったのは、以下の事実。

  • いまの仕事に対する情熱の量は、 前の週に注いだ努力の量に比例していた
  • 過去に注いできた努力の量が多くなるほど、 現時点での情熱の量も増加した

被験者のなかで、 最初から自分の仕事を適職=天職だと考えていた人はほぼいませんでした。

最初のうちはなんとなく仕事を始めたのに、それに努力を注ぎ込むうちに情熱が高まり、天職に変わった人がほとんどだったのです。

要するに 「情熱を持てる仕事」 とは、 この世のどこかであなたを待っているものではありません。

その仕事に情熱を持てるかどうかは、あなたが人生で注いだリソースの量に比例するのです。

 

大事なのはKAZU!

質より量!なんです。

だから、飛び込んでいくのが大事!

 

ちなみにフリーターは・・・

ちなみにフリーターの定義は15歳~34歳が対象。

つまり、34歳までは方向転換がきくことを意味します。

良い関係性に出会うまで、よく動いて、よく働こう!

 

「適職=天職」というのは実は、どこかに転がっているわけではないんですね。

その正体は、

 

自分のカラダを通じて、

人と交わる中で養っていくもの

 

なのですから!

 

事実4:自分に合った「業界・職種」で決めるのもアブナイ!

ジョージタウン大学のカル ・ ニューポートは、自分の仕事を 「天職」 だと考えている人たちにインタビューを行いました。

出典:カル・ニューポート/©TED Conferences、LLC

結果、こんな結論にたどり着いています。

  • 天職に就くことができた人の大半は、 事前に 『人生の目的』決めていなかった
  • 彼らが天職を得たのは、ほとんどが『偶然の産物』だった。

「仕事への情熱」とは自分の内にある「好き」などではなく、

 

なんとなくやってたら楽しくなってきた

 

といった感覚から始まるものだと言えます。

「やってたら楽しくなってきた」 というのは受け身な態度のようにも思えますが、

実際は「私の天職」を探しにいく人のほうが遠回りだと言えるね。

 

業界や職種は、あなたの適職探しに影響を与えません。

 

逆に言えばどのような仕事だろうが、あなたにとっての適職になるチャンスがあるわけです。

また、こんな話もあります。

 

「就職と転職の失敗は、およそ7割が『視野狭窄』によって引き起こされる」

 

という事実。

 

職業選択失敗の原因は『視野狭窄』と『首の固さ』

視野狭窄とは、ものごとの一面にしか注目できなくなり、その他の可能性をまったく考えられない状態のことを示します。

だからこそ、“適職=天職”を選ぶには、

自分の思う当たり前を一度壊して

さまざまな考えや価値観、選択に出会うことが必要なんです。

 

つまり、天職は出会った人で決まる!

だからこそ、それは業界や職種よりも、「職場」「関係性」を選ぶことが大事です!

 

ちなみに、面接や職場訪問で、自分に向いてる職場かどうか、カラダで一瞬でチェックできる方法があるのでお伝えしましょう。

 

SONKYOZINEだからお伝えできる

「人体×職場適性チェック」

 

それは、

 

「後頚部(首の後ろ)が固くなるかどうか?」

首は冷静な洞察力、柔軟な考えのシンボル。

首が固まる職場は、柔軟性がなく、考え方や価値観の幅が狭い

心身が疲れやすい文化が根付いている可能性が高い職場だ!

特に上司になる人の首が固い場合は、部下の首も固くなりやすい!

元気に長く仕事を続けるのは難しいかもしれない。

一度、試してみてくれ!

 

Withコロナ時代の職業選択はコレだ!

ここまで、巷で有名な職業選択観を解剖してきました!

いかがだったでしょうか?

  • 「好きなことを仕事にしなよ」
  • 「やっぱ安定した業種だよね」
  • 「自分に合った業種・職種をまず探しなよ」
  • 「まず適性テストうけなよ」

どれもフワッフワした見識不足が招いた間違った常識でしたね。

少し調べれば、すでに先人に研究されていたりもします。

新時代に生きる僕らは、それを学び明晰に理解して進むことが大事!

 

よく動き、よく働き、よく学ぶ。

その中で自らの歩む道を修正していくことこそカギなんです。

 

それでは最後にここまで読んでくださったアナタに、Withコロナ時代の職業選択の法則を届けて、結びとしましょう。

偶然の一致=運を呼び込む7つの法則!

それではいきます。

法則1:心身が弱る仕事を我慢しても幸せにはなれない

法則2:好きを疑い、成長を欲せ!!

法則3:適性テストでは適職はみつからない

法則4:あなたは次の4つのタイプのどれに当てはまるか?把握して20代~50代のキャリアを進化していくべし!

①成果を実感したい型か?②大義を実感したい型か?③責任を実感していたい型か?④ビックリを実感していたい型か?

法則5:職場7つの害虫がわきやすいところに要注意

法則6:自己整理と自己対話して五層対客観視して認知の歪みを取り除け!

法則7:良いキャリアは結局は6つの運の力(偶然の一致)は欠かせない!

一個一個解説したいところですが・・・

おっと残念!時間が来てしまいました!

詳しく知りたい方はこの先のバナーをチェック!

来週もコロナショックをコロナチャンスに変える役に立つ叡智を届けていくよ。

よろしくね!

それではまた、SONKYOZINEで会いましょう!

あわせて読みたい

無料メンバー登録で
SONKYOZINEの仲間と遊べる
”秘密基地”に集合!!!

現在のメンバー数 2281
キミが本当に知りたいこと、キミが今困っていること、その違和感の全ての答えは、この向う側にある