【映画解説】クラウドアトラス徹底考察まとめ ※ネタバレ注意

【この記事は約 1 分で読めます】

映画「クラウドアトラス」

『マトリックス』3部作のウォシャウスキー監督
トム・ハンクス&ハル・ベリー主演で贈る
新感覚SF超大作!
過去から未来へ。
500年の時を超え、受け継がれる意志が革命を起こす。
主人公は、6つの時代と場所で、6つの人生を生きる男。その人生は悪人で始まるが、様々な数奇な経験を経て、ついには世界を救うまでに魂が成長していく男の物語だ。2度のアカデミー賞に輝く名優トム・ハンクスが、これまでのキャリアのすべてを注ぎ、次第に変化していくキャラクターを演じ切った。
舞台は、19世紀から24世紀。過去・現在・未来にまたがる500年の間の6つのエピソードが、一見アトランダムな流れに見えて、実はシーンからシーンへのつなぎの一つ一つが完璧に計算された、圧倒的な映像で描かれていく。

ワーナー公式ホームページより

目次

映画「クラウドアトラス」をより深く味わうための徹底解説集

その1:  “悲しいから、なつかしいから、僕らはまた、こうして生まれて来た…”

その2:  “「魂」ではない「生まれ変わり」その真実とは…!?”

その3: “自因自果と記憶と記録、そして『時空協働創造態』とは?”

その4: “オールドジョージー、その正体とは…!? “

その5: “瞳の外に「自分の命より美しいもの」を見出していますか…?”

その6:“ソンミとザックリーの場合” 超叡智映画『クラウドアトラス』徹底解説

その7:“もう一つの物語” 超叡智映画『クラウドアトラス』徹底解説 (最終回)

ビン隊長から一言

RSEL筆子必見の超叡智作品であり、俺ビン隊長がRSELに来るきっかけとなったのが、この映画『クラウドアトラス』だ。このシリーズでは、『クラウドアトラス』への想いの丈と、これまで間なんだ叡智をぎゅうぎゅうに詰め込んだんで、ちぃと長いけどぜひ読んでみてくれ!

ビン隊長

動画解説