偏頭痛に隠された本当の意味とメッセージ(左側・右側・怪我)

昨今、頭痛に悩まされている人は多い・・・

そして頭痛といえば・・・・

頭痛にバファリン♪

TVCMでお馴染みのメロディが、頭に過ぎります(笑)

ちなみにバファリンは、1963年に日本で発売開始。

50年以上も日本人はバファリンのお世話になっているワケだ・・・。

さて今回は長らく愛されたバファリンについて・・・

おっと危ない。

じゃなくて、50年以上も多くの日本人に寄り添いつづけてきた頭痛について、

その原因や治し方、そしてなんと、

頭痛を活かす方法まで書いていくよ!

頭痛を活かす・・・?さてどういう意味かは読んでのお楽しみだ!

 

頭痛持ちな日本人

第一三共ヘルスケアが行った統計調査によるとこんな結果が出ている。

Ⅰ.頭痛の実態

■約4人に1人が週1回以上頭痛に。頭痛の症状や対処法などは8割以上が正しい理解には⾄っていない。

▶昨年頭痛を感じた⼈のうち、週に1回以上頭痛がある⼈は26.3%、自分の頭痛がひどいと思う⼈は31.1%

▶自分を頭痛持ちだと思う⼈は約3⼈に1⼈(34.8%)。月に1回以上頭痛が現れると「頭痛持ち」と自覚。

▶ 84.8%が頭痛や対処法については「詳しくない」と自覚。「薬物乱用頭痛」の意味は83.2%が誤解。

第一三共ヘルスケア 20代〜50代の 男⼥800名に聞く日本人の「痛み」実態調査

実に日本人の4人に1人は週1回以上、頭痛に悩まされているという。

月1回以上頭痛が現れる「頭痛持ち」を自覚している人もなんと約3人に1人。

まさに国民病と言ってもいいくらいだ。

 

頭痛からの解放運動

長らくこの頭痛に悩まされてきた日本人。

しかし、頭痛は日本だけに止まらなかった。

そう実は地球人類共通の悩みであったのだ。

そのことが高らかに発表されたイベントがある。

2005年10月に京都にて開催された第12回国際頭痛学会。

そのとき謳われた、頭痛からの解放世界キャンペーン。

それが、

京都頭痛宣言

サブタイトルは「苦しみからの解放」。

仰々しく思うかもしれないが、わりと真剣に、

「頭痛を我慢しないで、治療法はいっぱいあるから!」

と叫ばれたイベントだったんだ。

 

頭痛の経済問題

そんな京都頭痛宣言から、気になるポイントを抜粋するよ。

それがこれ。

1.日本だけでも800万人におよぶ有病率を数え.
2.片頭痛発作により毎日60万人の日本人が苦痛を感じ、人間らしい生活を妨げられている
3.頭痛による生産性の低下により、毎年2,880億円の経済的損失を、日本経済にもたらしている
4.また西太平洋地区全域においても同様に、多くの有病者が存在し、多大な生活上の支障、経済的損失を生じせしめている

一般社団法人日本頭痛学会 京都頭痛宣言抜粋

なんとびっくり。

頭痛に苦しめられている人数もさることながら、

頭痛を我慢することによる経済損失は日本だけでも毎年2880億円!

上場企業でもそれだけの売上をあげるのは難しい。

まさに塵も積もれば山となる。

一人ひとりの悩みがそれだけ経済損失になることのあらわれだね。

 

いよいよ、頭痛について学ぶことにどれだけのメリットがあるかわかってきたんじゃないかな?

 

頭痛の原因

さてさて、では頭痛について本格的に学んでいこう。

一般的な頭痛の種類としては、以下のように分類される。

1、「緊張型頭痛」

ストレス性のもの、姿勢の偏りからくるものなどが理由で、筋肉が凝った状態になり、その凝った筋肉が放出する発痛物質によって頭痛が生じる。頭を締め付けられるような頭痛。

2、「偏頭痛」

具体的な原因は解明されていないが、脳の血管が急激に拡張することで起こる。血管が拡張し三叉神経を刺激することで発症するもの。脈に合わせてズキン、ズキン、と拍動するような頭痛。

3、「群発頭痛」

群発地震のように、ある期間に集中して頭痛が起こるところからつけられた頭痛。アルコール摂取によるものがトリガーになったりするが、発生のメカニズムはよく分かっていない。

4、「その他(二次性頭痛)」

二次性頭痛の原因は、外傷、感染、脳腫瘍、自己免疫疾患など様々。頭部外傷や、ある部位の病変が原因の頭痛。

ということが言われているんだ

しかし・・・・

結局、現代医学では頭痛の原因は解明されていない

1~4までご覧になって分かるように、頭痛発症のメカニズムとして、筋肉の発痛物質や神経が刺激されて発症することは分かっているんだ。

しかし二次性頭痛のようにはっきりと原因がわかっている頭痛以外の一般的な頭痛に関しては、根本的な原因は解明されていない、というのが現状だ。

現代の西洋医学的治療法は「痛みの原因は分からないけど、とりあえず痛みを減らす」という対処療法になっているんだね。

でも本来、痛みの原因が分かれば、その原因を取り除くことで痛みは無くなるはずだ。

あなたの頭痛に隠された本当の原因とは・・・?

 

最新の人体科学を研究してきたSONKYO-ZINEでは、頭痛に隠された秘密について公開していきたいと思います。

 

痛みは身体からのメッセージ

SONKYO-ZINEチームでは日々、カラダについて研究をつづけているんだけど、

多くの臨床経験や、現代の科学の発展(量子物理学など)でわかってきたことがある。

それは、

「人の思考、観測の偏り=思い込みを持つ事によって、実は体のいたるところにさまざまな症状があらわれる。」

また、逆に、

「その病と向き合い治すことが、その人の観測の偏りをやわらげることにつながる」

という相関関係があることがわかってきたんだ。

そう、その症状・痛みはカラダからのメッセージ!

だからこそ、その症状が発生している部位から、あなたの抱えている課題(特に人間関係の中での思い込み)を突きとめることが出来る。

 

それをSONKYO-ZINEでは、体系的につみあげ「BodyVoice理論」として提唱しているんだけど・・・

今回はその一部「頭痛」について特別に公開しよう。

さぁ頭痛を活かし、あなたの人生を好転させるための学びがここから始まりますよ!

 

頭痛に隠されたBody voice

【頭痛・頭の怪我】

一般的な頭痛、頭の怪我は、『考え方をもう一度、見直しなさい』のサインなんだ。

何か根を詰めて考え過ぎていたことはないだろうか?

また一つの考えにこだわりすぎていませんか?

その考えをもう一度見直そう!という体からのメッセージなんだ。

人の体は、その人の生活習慣、食べ物、生まれながらのDNAなどだけではなく、その人自身の観測(その人の普段考えている思考)が、自身の体に大きく影響を及ぼしていることがSONKYO-ZINEで解明してきた最新の人体科学。

他にも、痛む頭の部位によっても、それぞれ意味が隠されている。

 

【右側の偏頭痛】【左側の偏頭痛】

【右側の偏頭痛】女性の目上を一方向で嫌いすぎてるよのサイン

【左側の偏頭痛】男性の目上を一方向で嫌いすぎてるよのサイン

右偏頭痛、左偏頭痛が起きているあなた、心当たりはないだろうか?

きっと、「あぁ・・・あの人のことか・・」と思い当たる節があるはず。

実は、その人に対して一方向的に嫌っている状態だということ。

一方向的に嫌っている状況の奥には、『もっとこうなってほしい』『こうしてくれなきゃ嫌だ』という要求が隠れている。

それはつまり目の前にいる相手を見ているのではなく、相手に対しての期待を見ているという衝撃の事実!

でも、その思い込みから出てみようよ、と頭痛が教えてくれているんだ。

まず頭痛がある人は、体の声(Body Voice)に従って、思い当たる状況を考え直してみてほしい。

このように、Body Voiceに向き合い、自分の思考(観測)を変えることで、その部位の痛みが無くなるだけでなく、自分の人生の状況(人間関係など)まで改善されていくんだ。

 

目より上

頭痛について解説してきましたが、目から上の部位についての解説もしておこう。

目から上は、文字通り目上との関係性を表します。

これは分かりやすくてすぐ覚えられますね。

上司や姑や先生なんかとトラブルがあると症状が出やすい部位なんだ。

目の上のたんこぶって言いますけど、自分が相手にとって目の上のたんこぶのような邪魔な存在になってないかな~と自問してみましょう。

ちなみに、目から下は、文字通り目下との関係性を表します。

目の下にクマがずっと出て気になるというような方は、周囲の目下に対しての嫌悪感をいだいているかもしれない。

 

頭痛に効果的なストレッチ

以上、頭痛が教えてくれるメッセージでした。心当たりがあったかな?

何か思いあたる節があれば、そのことを心にとどめながら、

今度は頭痛を和らげるためのストレッチもご紹介しよう。

ストレッチをつづければ、頭痛がやわらぐとともに、凝り固まったものの見方がゆるんでいくことを是非味わって欲しい。

こだわっていたその考えも、ただの一人相撲だったことに気づくかもしれない。

問題だと思っていたことは問題ですらなかったと気づくかもしない。

さぁカラダとココロをゆるましていきましょう。

 

まずは三転倒立だ。

三転倒立

三転倒立は頭を使い過ぎたときに効果的!

考え過ぎる傾向がある人は是非やってみよう。

回りに注意して、自信がない人は壁をつかって、三転倒立にチャレンジだ。

 

このように、三点倒立をすることで、頭にたまった血液が全身にめぐる。

即効性も高く、驚くほどスッキリするよ。

頭のテニスボールストレッチ

また、テニスボールを使ったストレッチも効果的だ。

写真のように、テニスボールを両手に持ち、後頭部の部分を20回ほど往復させて転がせることで、これまたスッキリ!!

頭痛が無い場合でも、仕事に集中して疲れた時や、考え事で頭を使った時など、様々なシーンでも使えるよ。

 

最後まで読んでくれたアナタへ

いかがだったでしょうか?

あなたの思考のクセからアプローチすること、

そして同時に体に直接メソッドを行い、両方からアプローチすることで、

カラダの症状は劇的に良くなっていく。

 

Body Voiceをしっかりと把握することで、体も人生もどちらも改善していくというワケなんだ。

 

今回は、頭痛のBody Voice解析とメソッドをご紹介させていただいたんだけど、

下腹重心Onlineには200を超えるメソッド、

そして新時代の科学的体解析に基づいたありとあらゆるBody Voiceが掲載されている。

(もちろん、それすら一部なんだけどねw)

 

「最近、ここが痛い」「ここのコリがずっと気になる」などの体の症状から人生の課題を発見することもできるし、

また逆に「上司との関係性がこうなって困っている」「彼氏・彼女とギクシャクしてしまう」などの様々な人生の課題を、自分の体を通して改善することも可能だ。

 

体の声=Body Voice

 

最新の人体科学を学び、メソッドに取り組むことで、

体の症状、そして人生の課題を根本的に改善したい!

何より元気になりたい!

いやむしろ、人を元気にしたい!

と思われる方はこの先の【下腹重心online】へ進んでもらいたい。

 

体と、人と、向き合い”つづける”ことが一番大事だ。

一人でつづけることが難しいからこそ、ともに学びたいと思っている。

それでは、また会いましょう。

あわせて読みたい

無料メンバー登録で
SONKYOZINEの仲間と遊べる
”秘密基地”に集合!!!

現在のメンバー数 2013
キミが本当に知りたいこと、キミが今困っていること、その違和感の全ての答えは、この向う側にある