【お金の悩み完全解決】キミのお金の価値観をリアルにアップデートするたったひとつの方法

前回の記事はここから見てね↓

いろんなものがデジタル化されていく時代…お金もアップデートしようとしているんだね!

そんなお金の話を考えると
ついつい不安な気持ちになったり
手っ取り早く儲ける方法を探しちゃったりする。

 

だけどそもそもお金ってなんだろう?

それも知らずに、なんとなく周りに流されて歳を取っていくと、人生ムダにしちまうぜ!!

「とにかくお金を稼ぎなさい」は真っ赤なウソ!?

 

とにかく稼いで

お金を貯めて

消費を楽しみなさい

 

そんなこと言ってればいい時代は、
もうとっくに終わったんだ・・・。

 

これから響社長から教わった、
単純明快なお金の正体
キミには特別に教えるよ。

 

簡単なようで、
他の誰も教えてくれないことだから
大事にしてほしい。

 

 

 

ババン!!

 

 

お金の正体、それは・・・

 

関係性を定着させる

コミュニケーションツールだ!!

 

 

コミュニケーションツール?関係性の定着?どういうこと!?

ってなキミに、解説していく!

 

例えばキミが「おばあちゃんが作ったオムライス」を食べるとき…

そこでは、キミとおばあちゃんは
すでに関係性ができているから
別にお金を払わなくても
怒られたりしないよね。

じゃあ「街の喫茶店でオムライスを食べる」ときは?

そこの店員さんとキミは
知り合いでもなんでもないけど
ちゃんと代金を払えば
キミはオムライスを食べられるよね。

お金によって「オムライスを食べていいよ」って
関係性を生み出したんだ!

 

言い換えれば、キミはそのお店と
「オムライスを食べたらその代金を支払います」
という約束をしたんだね。

もし約束を破って、お金を払わないで
勝手に帰っちゃったらどうなる?

法律によって裁かれちゃうよね。

つまり、お金のやり取りで生まれる
「関係性」を守ってもらうために
法律というものが決められているんだ。

 

今や僕らは、世界中の人々と
関係性を築いて生活している。

アメリカで生まれた技術や、中国の工場で作られた商品に囲まれてるよね。

それもお金というコミュニケーションツール
おかげなんだ!

 

前編で話したように、既存のお金の仕組み
確かにちょっと危なかったり
ダークな面もけっこうあるけど・・・

お金そのものは本来、僕らにとって
便利なコミュニケーションツールなんだよ。

 

背後にいろんな思惑が渦巻いているにせよ、
デジタルなお金のアップデートが行われるのも

僕らのコミュニケーションが
「より速く、より広く」
行えるようになるということなんだ。

お金はコミュニケーションツール!!

そのことがわかれば

「どれだけ稼ぐか?」

「どれだけ貯めるか?」

「どれだけ消費するか?」

という考え方が、
ちょっとズレていることに気づくよね。

 

本当は

だれと関係性をつくりたいのか?

どんな約束を交わしたいのか?

ってことが、お金と向き合う上で、
いちばん大事なことなんだ!!

 

コミュニケーションってなんだ?

 

コミュニケーションツールといえば、
スマホだよね。
昔は電話しかできなかったのが、
いまはSNSをつかってやりとりできる。

だけど「だれと、どんな関係性を作りたいのか?」それがわかってSNSを使っている人は、どれだけいるんだろう?

とりあえず芸能人の話題をしてみたり、とりあえずハッシュタグをつけて投稿したりするけど…

いろんな機能や話題があったとしても、
その機能や話題に集まる人たちの
コミュニケーションは、
あんまりうまくいってない
よね。

だれだって見たくない事実だけどね。

 

だからSNSでは、不安やねたみ、
そういった負の感情がシェアされて
増幅して、炎上したりするんだ。

本当は炎上させる人にとって、
なんにも関係ない人だったりするのにね。

「負の感情が、たくさんの人々の間で
共有されてどんどん増幅すること」

それをSONKYOZINEでは
「亜空間知能」と呼んでいるんだ。

 

 

お金もコミュニケーションツールだったよね。
だから同じようにとらえれば、
問題の本質が見えてくる。

 

お金を通して

「だれと関係性をつくりたいのか?」

「だれと出会いたいのか?」

「だれと生きたいのか?」

 

みんな、それがわからないから

とりあえずお金を稼ぐ」

とりあえずお金を貯める」

とりあえずお金を使ってみる」

という日常を繰り返してるんだ。

たしかに、親も学校も「とりあえず」のことしか教えてくれないかも…

その根底にあるコミュニケーション不全が、
「お金の不満」として
溜まりに溜まっていくと、どうなるんだろう?

 

SNSの炎上どころじゃなくて、

戦争が起こるんだよ。

 

戦争は、普段僕らが使う
「たいして目的のないお金」

そこに溜まっていく
「亜空間知能(負の感情の集合)」
から生まれてるんだ。

 

・・・これで「どれだけ稼ぐか」って話が
ぜんぜん本質的じゃないってことが、
キミに伝えられたかな?

つい、お金持ちが羨ましいと思っちゃうけど
お金をたくさん持ってるからといって
本当にいっしょに生きたい人に
囲まれているのかな?

想像してみたら、そこじゃないってわかるよね。

 

亜空間知能のハックを切断しろ!

 

つまり現代はコミュニケーションツールだけが便利に発達した、いびつな世界なんだ。

なんだか、ちょっと切ないね…

僕らの文明は、ツールばっかり発達して
そもそもの「コミュニケーションの仕方」
わからないんだ。

別の言い方をすれば「人との接し方」
つまり「触れ合い方」がわからないってことだ。

 

その問題は、テクノロジーがいくら発達したって
根本的な解決方法にはならないんだよ。

 

さあ、いよいよ核心に迫っていくよ!

どうして僕らは
人の接し方、触れ合い方が
ぜんぜんわからないんだろう?

その答えを知っていたのが
SONKYOZINEを運営する宇宙海賊舞装団・・・

その団長である、響社長なんだ!

 

 

シンプルに、答えを言うね。

僕らのコミュニケーションが
本質的にうまくいっていない理由

 

それはね、
「人体の教育がないから」なんだ!

 

人体の教育?学校のスポーツなら得意だったよ。理科の授業で体の構造も習ったし。

ってキミは思うかもしれない。
でも、ぜんぜん違うよ!!

 

響社長が僕らに教えてくれるのは

「体が本当はなにを感じてるのか、
 体に教えてもらう方法」なんだ!

もうちょっと詳しくいえば「触覚の知性に聞いてみる」ってことなんだ。

「知性」といえば、
やっぱり「頭の良さ」を思い浮かべるよね。

 

だけど実は、体の知性方が、頭の知性より
ずっとキミが求めていることを知ってるんだよ。

 

日本の文化では「気を感じる」なんて言うよね。

いっしょにいて気持ちがいい人のことを
「気が合う」と表現したりもする。

この「気」っていうのが
じつは「触覚」で感じるものなんだ!

 

気を読む

気を練る

気を通す・・・

そんなのマンガの世界の話だって、僕も思ってた。

世の中では「第六感」なんて言って
特別な人に授かるセンスのように
表現されてたりもする。

 

だけどそれが、だれもが本来持っていて
もちろん、キミも本当は持っている

「触覚のセンス」のことだとしたら?

 

もしキミが今、ちょっと触覚に集中してみてくれたら僕はうれしいけどw

残念ながら、ちゃんと稽古
つけてもらわないと
僕らはほとんど、繊細な触覚を
感じられなくなっているよ。

 

だけど、響社長のレベル
稽古をつけられる人
ここしばらくの間、
ずーっと歴史にいなかったんだ。

響社長は、明治時代の
最後のサムライたちを尊敬しているけれど
それはその時代のサムライたちが、
気を感じる文化を守っていたからなんだ。

 

明治の豪傑のひとり、山岡鉄舟先生
毎日練習をして、めちゃくちゃ剣が強かった。

だけどその生涯で、
だれ一人も斬ることはなかったんだ。

鉄舟先生はその剣で、
自分の「亜空間知能」を斬っていた。

 

それは言い換えれば「邪念」であり
「気を散らしちゃう弱さ」だ。

それを他人のせいにすることなんて一切せず、
自分の体と向き合い続けたからこそ
「覇気」のある人生を歩んでいったんだ。

 

これを書いてる僕も含めて、
現代人はみんな気が散っていて、気が小さい。
なぜなら「気を束ねる文化」を失ってしまったからだ。

第二次世界大戦後、GHQが気の文化を歴史から消し去ったんだ。詳しくは「3S政策」の記事を読んでみてね。

響社長は、そんな時代に流されず
少年の頃から、たったひとりで
自分の体と向き合ってきた。

大人になってからは治療家として、
たくさんの人の体を「元気」にしてきた。

 

響社長はそこで培った「気を束ねる体の技術」
いま、惜しみなく僕らに伝授してくれている。

それがSONKYOZINEの元ネタであり
『君のアナザフロンティアスクール』なんだ!!

 

本当の景気の良さは、体から始まるッ!!

 

「景気」という言葉にも
「気」が入っているよね。

本当にお金が
美しく回っている経済というのは、
気が巡っていくものなんだ。

僕らが稽古して、体の声、触覚の知性に
耳を傾けられるようになったら

僕もキミも

「本当はだれに会いたいのか」

「だれと一緒に生きたいのか」

「出会えた人と、
どう接すればいいのか」

 

そんなことが、自然とわかるようになる。

そうしたら「お金を使う目的」が、もっとハッキリしてくるよ。

「もっといろんな人と会いたい!」

「もっとたくさんの人と生きたい!」

「もっと連携して、創造したい!」

そうやって、明るい経済に向かっていけるんだ!

 

そんな経済圏を響社長は
「宇宙経済圏:アナザフロンティア」
と名付けた。

カッコいいよね!!

 

え?なんで「宇宙」なのかって・・・?

それも説明すると、もっと長くなっちゃうから、アナファンメンバー限定ページの『五層対時空MAP攻略本』を読んでみて!

ここで言えるのは、僕らが

「人体の本当の価値」に気づいたとき

いままでやってきたことが、

ほとんどズレていたって
ことがわかるっていうこと。

 

僕らはお金で関係性を築き、
技術や材料を集め、文明を造り上げてきた。

だけど、その文明を受け取る人体
ぜんぜん目を向けてこなかったんだ。

 

もし、僕らが
「人体からはじまる文明創造」
迎えたなら・・・

まったく別の(アナザーな)関係性や、
技術や、材料の使い方が生まれてくるだろう。

 

そんなアナザーフロンティアを目指すのが

響社長であり、

その弟子たち=宇宙海賊舞装団なんだ!

 

まとめよう!!

 

お金のアップデートが、もうじきやってくる!
デジタル化されて
「もっと速く、もっと広く」使われるようになる

僕らが学校で習った
お金の概念は、正直マト外れ!
とりあえず稼いで貯めて使っても
幸せにはならないよ

お金は「関係性を定着させる
コミュニケーションツール」!
だれと、どんな風に関係性を築きたいか?
それが大事だよ

ツールばっかり、どんどん便利になるけど、
コミュニケーションの仕方がわからないのが、
僕ら現代人!
SNSの炎上や、お金をめぐる戦争を見ればわかるよね

コミュニケーションの仕方は、
頭じゃなくて「体が知ってる」!
気を感じるセンスが、じつは触覚の知性だった!

「人体の教育」がないから、
僕らは「亜空間知能」を生み出す!
みんなコミュ障だから、
いやーな負の感情が溜まっていく

響社長は、現代では絶えてしまった
「人体の教育」のお師匠さん!
気を感じる稽古をつけてくれるのは
現代では響社長しかいないかも!?

そんな響社長は「宇宙経済圏:
アナザフロンティア」を目指してる!
アナザフロンティアを目指すのが、宇宙海賊舞装団!

「アナザフロンティア」は、
人体から始まる全く別の文明創造だ!!
キミもその歴史の1ページかもしれないよ!

 

 

「お金の仕組みのアップデート」を
目前に控えた今、

僕らは「お金の捉え方のアップデート」
しなくちゃいけないんだ!

それがキミの体と、大いに関係があるってこと
伝えられたかな?

 

キミが本当は、何を望んでいるのか?

それは、キミの体が知っている。

 

キミの触覚は、
キミをどこへ導くんだろう?

 

もっと教えてもらいたくなったら、
いつでもここにおいで。

 

この先の
『アナファンメンバーページ』で

僕らはキミを待ってるよ!

あわせて読みたい

無料メンバー登録で
SONKYOZINEの仲間と遊べる
”秘密基地”に集合!!!

現在のメンバー数 1822
キミが本当に知りたいこと、キミが今困っていること、その違和感の全ての答えは、この向う側にある