GAFAM辞めてみた問題とその売り上げの近未来!やがてくる資本主義の終焉【徹底研究】

【この記事は約 6 分で読めます】

 

ここ数十年で世界は目まぐるしい変化を遂げている。

この変化に伴い僕らの生活に欠かせなくなりつつある5つの企業をキミは知っているだろうか??

それはGAFAMという今や1つの国家をも超える勢いを持つ5つの企業だ。

そもそも最近よく聞くGAFAMとはなんなのか?

現代では数多くのIT企業がある。

その中で最も知名度と影響力を兼ね備えていると言われている企業の頭文字を取ったのがこのGAFAM(ガファム)という訳だ。

では、11つの企業のサービスを見て行こう

(G)Google

世界最大の検索エンジン

(A)Apple

アイフォンやMacBookなどのデジタルデバイス

(F)facebook

世界最大のソーシャルネットワーキングサービス

(A)Amazon

世界最大のオンラインショッピング

(M)Microsoft

世界最大のシェアのOS &ソフトの開発

まぁ多くの人が1度や2度は名前を聞いた事があるそんな企業がこのGAFAMという訳だ。

 

世界を席巻する!?GAFAMの売上!

では、ここからはGAFAMという5つの企業についてもうちょっと掘り下げて行こう。

(G)Google

世界最大の検索エンジンを持つアメリカの企業。

1998年に創業して2004から株式公開が始まった。

実際僕らの身近にあるGooglemapYouTubeなんかもGoogleの傘下の企業なんだ。

ちなみに、

日本での検索シェア率は69%みたいだよ。ちなみに2位はYahoo29%

世界的な検索シェア率は94%みたい。これを見ると本当に巨大な企業なのは言うまでもないね。

ちなみに、Googleの売り上げは

1368億ドル(約15兆円)純利益は307億ドル(3.3兆円)となっているよ。

収益構造としてはGoogle検索やYouTube等の広告収入が70%くらいで、あとはアドセンスやアドワーズ広告となっているよ。

(A)Apple

ご存知の方も多いと思うけど、アイフォンを世に広めた企業がAppleなんだ。

1976年に創業している。

かの有名なスティーブ・ジョブズもかつてAppleCEOを務めていた企業!

Appleの売り上げや収益構造はどうなっているのか?

Appleの売り上げはGAFAMの中で1番の2656億ドル(29兆円)で純利益が595億ドル(6.5兆円)みたいだよ。

収益構造はやはりアイフォンが主力となっていて全体の63%弱を占めている。

(F)facebook

今ではInstagramという印象が強いがこちらも世界的な権威を持つ企業なのは言うまでもないよね。

創業時期はなんと今から15年前の2004年、facebookはまだ15年くらいの企業なんだ!

facebookの売り上げと収益構造は?

売り上げが558億ドル(6兆円)で純利益が221億ドル(2.4兆円)収益構造のほとんどを占めているのが、

 facebook広告みたいだよ。

でも本当に驚くべきは、Facebookのユーザー数なんだ、

なんとFacebookのユーザー数は22億3000万人と言われていて世界人口の4分の1なんだ。

しかも、しかも、

WhatsAppやInstagramを合わせたユーザー数は35億人に登ると言われていて、世界人口の2人1人は使っている計算なんだ!

改めてFacebook恐るべし。

日本の人口が12000万人と言われているから、ある意味人数だけなら世界1位の大帝国を築きあげているのがfacebookなんだね

(A)Amazon

スマホ1つで買い物が出来るという利便性はもちろんのこと、Amazonの商品数は数億を超えていて、まさにスマホ1つで大抵のものが買える、

ひと昔前ならあり得ないサービスを実際にやっているのがこのAmazon社なんだ。

1995年にAmazon.com, Incを設立したみたい。

Amazonの売り上げと収益構造は

売り上げはGAFAM2位に位置付ける2329億ドル(約26兆円)純利益は101億ドル(約1.1兆円なんだって。

収益構造は、オンラインストアの売り上げが53%AWS11%であとはAmazonプライムのサブスクリプションとなっているみたいだよ。

(M)Microsoft

こちらのCEOは多くの人が1度は耳にした事があるビルゲイツ氏がCEOを務める企業!

多くの人が使うwindowsなんかもこのMicrosoftの製品なんだ。

Microsoftの売り上げと収益構造は

売り上げは1104億ドル(約12兆円)で純利益は166億ドル(約1.8兆円)なんだって。

収益構造は、最も大きな収益源はOffice25.7%Azure23.7%、ゲームが9.4%Bing6.4%Linked in4.8%!

最近ではあまり勢いを感じないMicrosoftだがまだまだMicrosoftが持つ影響力は計りしれないね。

っと、、

簡単にGAFAMという企業について触れてみたけど、

本当にこの5つの企業は世界的に

もの凄い影響力や権威を秘めている事がお金という側面やユーザー数という側面を見ることによってよりわかって来たね。

 

徹底研究GAFAMの世界線!

では、ここからはGAFAMという5つの企業は今現在どんな事業に力を入れているのか見てゆき、もうちょっとこの世界線を共に縁取ってゆこう。

(G)Google

Googleがリアルタイムで力を入れているのが、

”自動運転システム”なんだ。

今や日本でもよく耳にするようになった自動運転。これにすごく力を入れている。

2009年頃から自動運転開発に本格的に力を入れ始めている。

なんと今から10年前くらいにはGoogleは自動運転という未来を見据えていたんだ。

実際の所今現在アメリカなどでは自動運転のサービスが始まりつつある。

(A)Apple

こちらは2020年くらいを目処に、

”ARスマートグラス”を発売する見通しみたいだよ。

これまではアイホンというデバイスを通して僕らは情報空間にアクセスしていたよね。

でもこれからスマートグラスを通して情報空間にアクセスする、そんな未来が来るかもね。。

(F)facebook

こちらは今リアルタイムで世界を騒がせているのが、

”仮想通貨のリブラ”を発行しようとしている事なんだ。

国が発行する通貨とは別に、facebook社が独自で開発や管理する通貨を今作っているみたいなんだ。

これによってfacebookfacebook傘下の企業のサービスはリブラで支払う、こんな事にもなるかも知れないね。

(A)Amazon

Amazonが今力を入れている事といえば、

”無人レジ”なんだ。

人を介入しなくても商品が買える無人レジなどのサービスを現在進行系で展開しているみたいだよ。

それによって本来だいぶコストになっていた 人件費を削減できて、これによって他社よりも商品を安く販売できたりとかなり優位になる事は間違いなさそうだね。

(M)Microsoft

先程も書いたようにこの企業は今かなり色々な事業に力を入れているんだ。

特に最近ではスタートアップの企業を技術面でもビジネス面から支援するプログラムなんかにも力を入れている。

まぁ、IT長者GAFAMも今のとてつもない結果に奢ることもなく次の時代を見据えて色々な動きをしているみたいだね。

 

本当に今は時代の転換期なのかもね・・

でもさ、最近ではこのGAFAMを意図的に遮断する人なんかも増えて来ているんだって。

理由は一概には言えないけど、

GAFAMという巨大企業が利益を独占状態な事が嫌でGAFAMのサービスを遮断したりしているみたい。

後は、実験というかGAFAMのサービスを遮断しても果たして生活は出来るのか?

的な理由でGAFAMを使うのを辞めている人も多いみたい。

 

でも実際にGAFAMを使うことによって僕らにデメリットとかあるの?

まぁ物事には二極性があり、やはりメリットもある分デメリットもあるんだよね。

 

第一に、冒頭でも話している様に、この5つの企業のサービスを使わないと生活そのものがし辛くなる。

逆を言えばその位GAFAMは僕らの生活インフラになりつつあるとも言える。

 

第二に「人との関係性をないがしろにしやすくなってしまう」

たしかに、facebookGoogleなどのサービスにより、情報収集したり、人との出会いは格段に広がりとてつもなく便利になったと思う。

でも、逆説的に便利だからこそ人との関係性をないがしろにしてしまっているっていうのはあると思うんだ。

今ではSNSでボタン1つで友達になったり 友達を辞めたり出来る。

でも実際の人間関係はそんなに浅はかではなく、1人の人と友達になるまでものすごい物語があって初めて友達になったと思うんだ。

 

第三のデメリットは体の本来備わっている機能が劣化して行く。

体の本来備わっていた機能が劣化するとか大袈裟と思うかもしれないけど、

全然そんな事はなくて僕らのスマホの扱い方と体の劣化はダイレクトに関係しているんだ!

そもそもこの生物界では人間以外は手を握るか広げる事しかできないんだ。

でも唯一人間だけが広げるでも握るでない触れることができる生き物なんだ。

でもさ考えてみるとなんでだろうね!

基本的に日常生活をする上では手を握るか広げるかで大抵のことはできる。

それなのに僕ら人間にだけ触られる事が出来る体の機能をわざわざ与えただろうか??

それはね・・

僕らの手の扱い方(握るのか広げるかそれとも触れるのか)

これによって僕らの脳に送る情報伝達は変わり、それによって僕らの物の見方は変わっているんだ。

つまり、僕らの手の扱い方や体の扱い方と、僕らの、ものの見方は関係し合っている!

この事が現代の科学などでもちょっとずつ分かって来ているんだ。

現代では怪我をした時や病気になった時くらいしか、体にあまり意識が向かないが、

体には僕らが全く知らないものすごいポテンシャルが秘められているだ。

てかさ、体ってそもそもなんなんだろうね?

 

実は・・・

この人体は時間と空間を巻き取る情報端末なんだ。

 

すごく簡単に説明すると、

普段僕らがスマホを使えるのも、

何かしらの情報を送受信しているから使うことができるのはいうまでもないよね。

僕らの人体もただの肉の塊ではなくて、

時間と空間を送受信する事によって機能しているんだ。

 

ちょっといきなり、人体は時間と空間を巻き取る情報端末こんな事言われても、

ピンっとこないかもだけど、

一旦ここは、まぁ、そうなんだなぁ〜で覚えておいてね。

例えばどういうことが起こるかというと、

一方向的な体の扱い方しか出来なくなると体が正しい時間と空間を巻き取れなくなる。

それが体にも現れて親指がひん曲がったり、足首がガチガチになったりと、本来備わっていた機能が劣化していってしまう。

 

何が言いたいかと言うと、

キミの普段からの自分自身の体や他者への触れ方、

道具に対する扱い方によって間違いなくキミの人生に影響を与えている。

握るか触れるかの動作1つや、

普段からの僕らの体の扱い方に影響を受けて、

僕らの目の前の世界(文明)や僕らの人生は形作られている。

 

逆説的に僕らが体の扱い方(重心)を整える事によって僕らの愛し合い方や人との関係性の築き方働き方は間違いなく変わってくるんだ。

 

若干話は飛躍したけどGAFAMという情報空間に依存し過ぎる事によって少なくともこのようなデメリットがある事を押さえてほしい。

ここまでGAFAMについてやその問題点などを共に見て来たけど、結局この資本主義はどういうベクトルに向かおうとしているのか。

次は話していこう。

 

これから訪れる超資本主義の終焉

いきなりなんだけどさぁ、お金がお金として機能するのってなんでなんだろうね?

だってさ、今のお金自体には全く実用性は無いじゃん。

メモとして使うのも微妙だし、

お尻拭くとなんか痛そうだし、

食べても美味くなさそうだし。

なんでこんなに実用性がないお金(紙切れ)を僕らはものすごく重要視するだろうか??

 

それはね・・

 

僕らがお金という数字でしか社会システムが上手く機能しない構造に同意しているから。

 

しかも、学んで現状把握しないと、知らず知らずにこの構造に同意していく。

こんな世の中なんかに同意していないって人も、この構造が生み出した道具を使っている時点で同意してしまっている。。

 

もちろんそれが全て悪いって話しではないよ

 

ただ、どんな構造かを踏まえてこの構造の中で生きるのと、どんな構造かも把握しないでこの構造の中で生きるのは似て非なるものだから。

っと、

僕らはお金でしかまわらない社会構造に無意識的にも意識的にも同意してしまっている。

最初は物だったお金も時代と共に形を変えて、今は情報になろうとしている。

 

お金が情報と言われても分かりづらいけど、これを現代では仮想通貨と呼ぶよね。

でもお金がこれから仮想通貨にシフトしているように、僕らの現実もどんどん”仮想現実”になってゆく。

テクノロジーが発達してVRなどで仮想現実に入るという意味でもそうなんだけど、

実際は今この瞬間を感じないで、昨日のことや明日のことを空想したり、1年後や3年後の未来を予想することも仮想現実なんだよね。

 

つまり僕達の脳は常に仮想現実(今を感じないで頭の中で未来だ過去を考える)を作れる状態になっているとも言える。

 

そもそもだけど、本来自然界にマイナスという概念は存在しない。

マイナス2個のリンゴやマイナス2本の腕を見たことがある?きっとないよね。

それが、数字の世界ではマイナスという負債(過去)とプラスという利益(未来)を強く考えさせることによって、

どんどん頭のエネルギーは過去だ未来に引っ張られ今を蔑ろにしてゆく。

 

これを動物界の例で見てみよう。

ライオンが目の前に弱っているシマウマを見て、

「3年後あそこに投資すれば、うまく行く、シマウマが常時500頭入ることになる」と考えている間に、シマウマは通っていって、気づいたら今目の間にいたシマウマが消えてしまうとする。

動物で例えるとバカバカしいけど実際の人間界ではこんな事が日常茶飯事で起きている。

 

ちなみに、

世の中のピラミッドを作っている人はめちゃくちゃ学んで、こういう事を踏まえてマネーテクノロジーという構造を作ってきている。

だからこそ僕らは、安易に構造に同意(共感)するのではなく、

今この瞬間に体があたたかくなる自分自身のおなかの感覚に同意(共感)してゆくのが大切だと思うんだ。

 

僕らってさ知らず知らずのうちにこの構造に共感しちゃっているんだよね。

それを常識とも言えるし、当たり前とも言える。

周りが拍手をしていると自然と拍手しちゃうとか、居酒屋いったら別に飲みたくもないのにとりあえずビールと言ってしまうとか

挙げたらキリが無いくらい僕らはこの体が共感することじゃなくこの社会構造(集合無意識)に共感している。

 

ちょっと極端に聞こえるけど僕らは自分の時間ではなく、このピラミッドを作っている人達が作り出した時間を生きてしまっている。

きっとさ、今僕らが悩んだり憧れたりしている事の大半は死ぬ間際になればどうでもいいって思うとおもうんだ。

そのくらい僕らは自分の肚から湧いてくる、

違和感やフィット感の情報処理機能が劣化していってしまっている。

 

これまでキミにはGAFAMや資本主義の構造などを共に縁取り色々話させて貰ったけど、

1つ僕は大切なことをキミに伝えてなかった。

それは「結局のところどうしたらいいの?」

ということ。

 

キミもこの記事を読んでいる時点できっと、

この社会構造に違和感を感じているが、

結局情報もあり過ぎてどうしたらいいかよく分からなくなっていると思う。

 

少し前の僕もそうだったように・・・

でも僕は学んでその答えを知っている!

それは情報が多いこんな世の中だからこそ、

 

情報に惑わされるな肚で感じろ、これをラストメッセージとして僕はキミに伝えたい。

はじめにさ現代では脳がこの現実(意識)を作り出しているみたいな風潮があると思うんだ。

近年ではそれもあってか脳科学や心理学などのコンテンツがものすごいヒットしているよね。

脳がベースの文明が形作られ、

その文明が発展していき人間の脳を再現した人口知能(AI)が作られたり、

人間の脳にドーパミンを垂れ流しにするVR(バーチャルリアリティー)というテクノロジーの発展の根底には、

常に脳が人体の主役という揺るぎない考えがあり、

今の僕らの文明は形作られている。

 

でもよく考えてみると僕らが寝ても覚めても止まらずに動く心臓も、まばたきも、呼吸もそれを算出してやっているのは脳ではないんだ。

それは紛れもない事実で、この体が毎日健康的に機能するのは「五本の足指」「手の指」「足首」「膝」「股関節」「肩」「首」

206個の骨と、144個の関節によって形作られた11人みんな微妙に違う固有の「骨格」

その上で組成されるタンパク質性の40兆の細胞と、呼吸によって交流している「触覚静電気」との回転。

これを全て包括しているのが人体で、逆に例外を除けばこの1つでもかけたら人体は正常に機能しなくなる。

 

そのくらい人体は「チームワーク」で成り立っている。

 

その役割を持った11つで構成されている人体が”自分”という正体でもある。

つまり意識で作り出した自分というのは頭の中だけにしかいないある種の幻想でもあり、

その意識や自分を作り出しているのはこの人体ありきで構成されている!

 

今の文明ではこの意識(頭の世界)を重要視して人体の価値に気付いてないかもよ。

 

そういう考えが助長してか、最近では映画トランセンデンスのような自分の脳をまるこどコピーして情報空間で生きられないのか?

的な研究とかも行われたりしているみたい。

そして、先程言った様に僕らの心臓や呼吸の計算を脳がやると全然情報処理が追いつかない。

この事から類推できるように、

僕らの人体には脳よりも遥かなスペック(情報処理機能)を備えている量子コンピュータが僕らの体に眠っていてもおかしくはないよね??

 

実はなんと、その正体が、臍下3センチのところにある丹田なんだ!!

丹田が人体の中心にあり、まさに人体の中心(リーダー)的な存在の役割をしている。

そして頭よりも遥かにハイスペックな肚に情報処理を委ねる事が実は「直感」や「一念」と言われていたりもする。

 

キミもこんな経験ない?

頭では全く理解できないけど「勘」としてなんかそんな気がするという経験、それは実は頭ではなく肚がそれを感じて算出いるんだ!

 

そして冒頭でも言ったように、

一方向的な体の使い方を牽制する為に強張っている部位を緩ます事によりどんどん体は育っていき体の感覚は機能は向上していく。

肚の一念で拾い上げた情報をアタマという二念で丁寧に拾い上げてゆく。 

この肚(一念)と頭(二念)の共存共栄が、

これからの時代の教育の基盤となってゆくと思っている。

 

体と頭の文武両道の大切さに気付き始める人と、

気付かないでどんどん自分の頭の世界に酔っ払っていく人の棲み分けは、

今後よりわかりやすい形で棲み分けられてくるとおもう。

 

それが脳にチップを埋め込みほとんどの時間を生身の人が居ない情報空間で過ごす「電脳人」と、

この体を丁寧に育てて体の感覚機能を磨いていきあたたかい優しい目をした人達と本気で組んでゆく「蹲踞人」なんだ。

 

ここまでキミにはかなり長く話をさせてもらった。

でも僕が伝えたいメッセージは、

 

「キミのおなかが

あたたかくなる方に進むんだ」

 

その先には必ずキミが本当に納得する生き方や働き方が見えてくるからさ。

 

だから今日からちょっとずつでいいから、

この体と向き合い一方向的な体の使い方、

つまり一方向的なものの見方を牽制して、

頭に登っている血を下腹部に流すために、

足指に触れる回数を増やしていったり、

自分の現在地を知る為に色々な事に興味を持ち学んでみたり、

今日から出来るちょっとをやる事をオススメしているよ!

 

キミのそういう「ちょっとの積み重ね」が、

キミの時空をきっと大きく変えるからさ。