【花札の歴史と絵柄の意味に学ぶ】古き良き日本人はまず情緒を育んでいたの話

【この記事は約 6 分で読めます】


猪鹿蝶です。


赤短です。

五光です。

 

はい。みなさまこんにちは。

突然ですが、花札ってやった事ありますか?

 

映画サマーウォーズを見られた方は一度は『こいこい!!!』と言ってみたい!

という思いがあるのではないでしょうか?笑

 

そんな僕もサマーウォーズに影響をされた一人であり、

思い立ったが吉日!ということで、

さっそく花札を購入し”こいこい”をやってみました!

やり方もわからないのに赤と黒の2種類の花札を購入し、

まずは道具を揃えるというミーハー路線から花札で遊び始め、

実際に”こいこい”をやってみたのですが…

 

おもしろい!

非常におもしろいです!

 

おもしろいだけではなく、

トランプのように数字を使わずに、

同じ月の絵柄を合わせて役を作っていくというのが、

日本らしくて雅だな〜。

尊いな〜。なんて思ったりします。

 

さて、花札という存在は知っていても、

実際に遊んだことのある人はどれくらいいるのでしょうか?

僕の周りでは、花札の存在は知っていても実際にやったことのある人が意外と少なかったので、

今回は花札で遊んだことのない人にも花札の魅力が伝わるように、

今回は”こいこい”という遊びを軸に花札の歴史やその時代背景などについて潜って行きます!!

SONKYO-ZINE視点での花札を使った倭国の美しい教育のあり方についての考察もしてみましたのでお楽しみに!!

 

花札の歴史

と、言うわけで、さっそく花札の背景や歴史について調べてみたところ、、、

どうやら花札の歴史は江戸時代にまで遡り、

今、私がプレイしている花札になるまでには、

賭博として扱われたり、

はたまた身分のある人たちの嗜みとして使われたり、

はたまた町娘達のお花の勉強など

いろんな扱い方がされているという背景がわかってきました。

 

お話を進める前に一つ大事な前提として、

花札についての文献や歴史的考察は、

明治時代に調査されたものが今の花札の基本の考え方となっているということ。

 

2020年の現代においても、

花札に関する新しい書物や物が見つかっていないこともあり、

その時代の定説が花札の歴史であるとされております。

花札の歴史とは今や遡りきれない時代の産物の一つともなってしまっているようです。

 

そのため、時代背景が参考書によって諸説あったりするので、

是非、それを踏まえた上で読み進めていただければと思います。

 

花札の始まり

まず花札の始まりは江戸時代中期(1716-89)と言われることが一番多いようです。

そして一番初めにできた花札は

“武蔵野”と呼ばれる木彫りのものだったそうです。

これが武蔵野です。絵柄がとても繊細ですね。

 

そもそも花札の始まりの始まりはカルタです。

カルタは1500年代(なんと、安土桃山時代!)に、

ポルトガルより伝わっておりました。

当時のカルタは今で言うトランプのように数字の書いたもので、

主な使用目的は賭博だったそうです。

 

カルタにみる江戸の賭博史

まだ政府の仕組みも整いきっていなかった時代の中、

賭博場にて大きなお金が動き、裏の人達が力を持つことを懸念した政府は、

1600年代に入り、賭博の取り締まり強化を行いました。

 

賭博したら死罪というルールまで設けていたそうです。

 

しかしそのまま厳しい取り締まりが続いたわけではなく、

規制と緩和が繰り返され、

1764-81年をピークにカルタが公的なものになりつつありましたが、、

また規制、、と。

そのような規制緩和を繰り返し、

明治20年。

文明開化によって西洋のトランプが輸入され、それが大流行。

西洋の「遊戯用での使用ならトランプ類でも問題ない」という文化にならい、

カルタや花札の規制は完全になくなりました。

むしろ、骨牌(こっぱい)税法が制定され、骨牌税が導入。

国の貴重な財源になっていったとか・・・

 

そのため、その流れを引き継ぐ花札にも賭博の物というイメージが強く残っていると思います。

 

実際に花札史を調べていくと、どうしても賭博史との重なりに辿り着いてしまいます。

 

当時、賭博規制が厳しい中、

賭博師と政府役人との駆け引きがあり、

賭博師はいかに規制をすり抜けられるか・・・

対する政府役人はいかにして取り締まるか・・・

その睨み合いの中、賭博師はあることを閃きました・・・

「コラッ!お主ら何をしている!?まさかその札は賭博ではないのか?死罪じゃぁぁ!」

「まぁまぁお役人さん、これ見てくださいよ、ホラ?どこにも数字なんて書いちゃいねぇ。これじゃ賭博しようにもできませんがな」

「ヌッ!!!!!!!! た、確かにそうだな」

「お役人さん、私らはちゃんとルールに従っていますけぇ、ご安心なすってくださいや。」

とまぁ、こんなやりとりがあったのでは?と推測されるわけです。つまり、

「数字の書いたカルタでなければ賭博規制をかいくぐれるゾ!役人よ敗れたりィィ!」

こんな風に花札が賭博に使われていた歴史があったがために、

 

花札=賭け事

 

といったイメージが残っているわけなんです。

 

しかしです。

あんなに美しく雅な絵柄・・・

賭け事のためだけに作られたなんて考えられない!

子供達がお花の名前を覚えるのに使っていたりとか、

そういう歴史だってあったはずだ!

 

そう、実は賭博のためだけに花札は作られたわけではないのも事実。

それでは、カルタと花札の違いをみていきましょう。

 

カルタと花札の違い

カルタには「天正カルタ」「よみカルタ」「めくりカルタ」

「花合わせカルタ」「花鳥合わせカルタ」や僕らのよく知る普通の「花札」

など、たくさんの種類があります。

 

しかし、当時のカルタと花札は、実は全く別の源流だった説もあるのです。

 

江戸時代中期に生まれた花札は、

もともと「花鳥合わせカルタ」と呼ばれて、

上流階級の女性の間で流行した雅な遊びのひとつで、

のちに花合わせカルタなどは女性や子供が花の名前を覚えるのに遊ばれていたりもしたのでした。

 

しかしここからが厄介。

”花合わせカルタ””花鳥合わせカルタ”と賭博に使われていた”花札”は絵柄や形が似ていたがため、

女性、子供が遊んでいた物だったにしても、

「それはのちに賭博に使われる花札の元になっているものだろう!?そんなものはろくなもんじゃない!」と主張する人もでてきました。

これは頭でっかちで風流がない!苦笑

花札にも種類があったがそんな細かいことは御構い無し!!!!

一色淡に花札=賭博用だという意見が増えました。

 

日本人には様々な色のグラデーションを、

「和の色」として愛でる感性があったはずなのに・・・

 

少し悲しくなりますね。

もちろん中には、

 

「花札は雅なものである」

 

という説を唱える人もいて、

実際に女、子供にも使われていた、という書物もあるのですが、

その書物の少なさなどから、

「いやいやいやそんな少ない情報では信憑性がありませんな、それよりも花札は賭博で使う説の書物の方が多いからやはり賭博目的のために使われていたんだ!」

の賭博派の勢力が強くなり、

今では花札の定説となっている歴史背景の考え方も、

こっちの花札=賭博用が主流となっているそうです。

 

ん~残念。

ブツの数で決め手になるとはなんとも残念。

もっとこう〜体感が大事でしょ!

というわけで、日本人の雅さを取り戻すべく、

ブツにはブツで歴史解釈し、応援したいと思います。

 

花札の時空ラインを揺らがせるため、

花札の絵柄について、切り込んで行きます。

 

花札の絵柄について

 

花札の絵柄は花鳥風月を記したデザインで、

日本人にはとても馴染みのあるデザインですよね。

このデザインは現代でも売られている花札の絵柄ですが、

江戸時代の花札の絵柄がこちらです。

↓↓↓

(出典元:日本かるた文化館

絵柄がとても繊細に描かれていますよね。

 

実はこれ 短冊札と言われる札なのですが、

上の現代版花札の短冊札と下の江戸時代の短冊札との絵柄の違いって、

皆さんはどこにあると思いますか?

 

足の裏を感じて、違いを探してみてくださいね。

 

 

この二枚の短冊札の違いはここです

紐で枝に結び付けられているか、いないかです。

現代版には紐は描かれていませんよね?

この枝に紐が結ばれているかどうかという微差な違いではあるのですが、

この繊細なニュアンスの違いの中にこそいろんな情緒がたっぷりと含まれているんですね。

 

実は花札、このデザインがなければ、

ただの自然界の樹木草花を鳥や動物と共に描いただけの、

よくありがちな自然描写に留まっていたかもしれないのです。

 

この短冊札の配置により、ただの樹木を描いた札から、

見事に人間の管理し愛玩する樹木へと変身するのです。

 

ちょっと想像してみてください。

広々とした庭園では上流階級の人々と優美な女性達の宴が開かれている。

それは、


若松に丹頂鶴が飛来する瑞兆を見る新年の宴でも、

幔幕を張り巡らした桜の花見の宴でも、

芒の穂を飾って仲秋の名月を観賞する月見の宴でも、

秋深く紅葉からの宴でも、

どんな宴でもよい。

 

そこではいつも美酒が振る舞われる。

重陽の節句の宴では金色の寿のついた赤漆の盃を満たす菊酒は一段と趣が深い。

誰かが、こうした宴の素晴らしさを詠う和歌を一首書いて、

短歌を赤い紐で枝に吊るす。

すると別の誰かが返し歌のように自分も一首詠んで短歌を添える。

こんな情景が想像されるのが短冊札の図柄なのです。

それを裏付けるように花札の絵柄は、

ただ自然の美しさを描いたものではなく、

手入れされた松など人と自然との関係が表現されたものであり、

すべての絵柄は大名屋敷の庭園に配置される観賞用の樹木でもあります。

このことから花札は造園・園芸の植物を題材とする、

美的に洗礼されたカルタなのであることが連想できます。

 

花札の絵柄となった植物を見て、

夏には百合、秋には桔梗やなでしこもあるのに、

なぜ5月は菖蒲、9月には菊が描かれたのか?

花札で描かれる”花”は花草の”花”ではなく、

樹木の”花”がテーマとされており、

それらの樹木は全て庭園を定番とする植物であったと言われております。

 

花札にまつわるこのお話を感じる事で、

”花札って汚れ物じゃないか?説”は、

きっとそれは一つの側面であるだけで、

大切なのはそれが良い悪いじゃなく、

いろんな角度から物事をみる視点が大切ですね。

記事を書きながらそう感じております。

 

花札の歴史と日本の教育との繋がり

 

これまで述べてきたように、

花札にはそれぞれの視点からいろんな解釈がありますが、

SONKYO-ZINEでは以上のことを踏まえた上でこの様に類推しております。

 

花札はかつての日本人の情緒を育んだ大切な教育の一つであったのではないか?

 

いつの時代も人間は放っておけば立派に育つわけではなく、

様々な人に支えられ、いろいろな教育を受け大人へと成長していきます。

 

世界には様々な教育論があります。

ここでは、古代ギリシャの哲学者プラトンの教育論を紹介しましょう。

彼は学び舎の門に、

 

「幾何学を知らぬ者、くぐるべからず」

 

と書くほどに、数学を学ぶことの重要性を解いております。

それとともに、数学を学ぶ前の小さな子供たちには、

まず「体育と音楽と文芸を学ぶことが大切である」と提唱していました。

それは人間の生きていく上での土台となっている、

 

「理知的/気概的/欲望的」

 

という3つのバランスをとるためだ、というのです。

このうち「欲望」のみが強くなると、野蛮で野獣のような人間になってしまいます。

そこに「理知」「気概」が加わることでバランスを取ることができます。

大人であれば数学を学んで理知さを育てれば良いのですが、

数学を学べない子供は「気概」を育てることで欲望とのバランスを取らなければなりません。

そこで気概さを育てることに一役を買っていたのが「体育」だとプラトンは言います。

 

しかし、気概さのみが突出することもまた雑で乱暴な子になりやすいので、

それはプラトンの望んだところではありません。

そこで気概さのバランスを取るために「文芸、音楽」を学んでいたようなのです。

これがプラトンの説いた立派な大人へ育つための教育論です。

 

でも実は、この教育の型が日本でも行われていたのではないかと推察されます。

「理知的」な部分を「寺子屋」や「郷中」や「私塾」で、

「気概的」な部分を「武道」や日常にある独自の身体文化が、

そしてそのバランスをとるための文化的側面を、

花札、折り紙を使って育んでいたのではないかと思うのです。

 

花札や折り紙のデザインは身の回りにある植物や花であり、

描かれている色も身の回りにある花や生き物の色でもありますし、

折り紙に至っては二次元に広がった紙を折り曲げて3Dの立体物を作り出すというとても高度な学びであります。

子供たちの情緒を育てるのにこれ以上ふさわしい遊び道具はないのではないでしょうか?

そうして育ってきたからこそ、

今よりもはるかに命の関わるやりとりが多かった時代にも関わらず、

自分のことばかりに囚われず、

戦友や国のことを考えていた当時の人たちには、

きっと深い情緒が体に染み込んでいたと思います。

そんな深い情緒のある大人へと成長するための教育の一役を花札、折り紙は担っていたのではないかと思うのです。

その当時、そんな理論はわかっていなくとも、

きっと感覚的に当時の日本人はわかっていたのではないでしょうか?

花札の絵を見てるとあなたもそんな気持ちになりませんか?