エジソンを超える天才発明王『ニコラ・テスラ』~歴史から消されたマッドサイエンティストの正体~

 

発明王と言えば・・・?

きっとエジソンと答える人が多いかもしれない。

しかし、非凡な才能ゆえに歴史から消されてしまった本物が他にもいたことを知ってもらいたい。

そう、エジソンを超える発明王とも言われる『ニコラ・テスラ』の存在をね・・・。

 

「テスラコイル」や、磁束密度の単位「テスラ」にもその名を残している、れっきとした天才でありながら、その偉大な功績の割に、なぜかエジソンのように知名度は高くないその理由も含めて紐解いていこう。

 

僕らが毎日使ってる『アレ』も、テスラの発明によって届けられているの知ってた?

 

1856年にクロアチアで生まれた二コラテスラは、8歳のときに自分で風車を発明してしまうほどキレッキレだった。

そしてそんな若き才能は、発明王としてパイセンである「トーマス・エジソン」の会社に入って電気の研究をすることになる。

 

実は、ボクらが毎日当たり前に使っている家庭用コンセントの基本となっている原理「交流電流」も、テスラが発案したものなんだ。

入社当時、すでに世間で名を知らしめていたエジソンは直流派だったが、

若き天才テスラは、それとは相反する交流派としての理論をすでに持ち、社長であるエジソンにアンチテーゼを唱えたことで事態はとんでもない展開に・・・。

 

電流戦争!『元祖発明王トーマスエジソンVS狂気の科学者二コラテスラ』世紀の天才対決の行方はいかに・・・?

エジソンは、テスラの理論を一切認めようとはせず

電流のごとく二人の間にも火花がバッチバチと飛び散った。

 

えじそん:何だよ「交流」って。電流は「直流」と昔から相場が決まっとんねん若造が!

にこら:いや、「直流」とかもう古いっす。パイセン時代遅れっす、ぶっちゃけ。

えじそん:だとコラ!じゃ、うちの会社にある機械を交流電流で動かして見せてみろやこの青二才がー!

にこら:わかりました。

えじそん:ヒャーッヒャッヒャッヒャ!ムリに決まってんじゃん。もしできたらボーナス50000ドルくれてやらぁ!

にこら:言いましたね・・・・よいっしょ、これで完成。スイッチ、ポチっとな♪

 

ビビビガシャン、ガシャン・・・←動いた。(´・ω・`)

 

えじそん:はぅあッ!ま、、マジんがぁーー?!

にこら:ゼーーット!!!

えじそん:信じられん。こんなことが・・・

にこら:はい、50000ドルね。男に二言はないよね。てか、もううちの会社もぜんぶ交流に変えちゃいましょうや。ニヤニヤ・・・

えじそん:う、うっせ!そんなの払うかボケ、むかつくガキやな!オレ「交流」とか意地でも一生使わねーし!認めねーし!!プイっ

にこら:うっわ、ひくわマジ。もうこいつの下にいても意味ないな。独立して自分でやろ・・・。プイっ

 

こうして、互いの理論が真っ二つに分かれていたテスラは一年たたずに、エジソンの会社を辞めて(クビ?)自分の会社を設立したのであった。

 

この後も火花バチバチだった二人の論争は「電流戦争」として世間でも騒がれることになる・・・

映画でわかる電流戦争「エジソンズ・ゲーム」

 

独立したテスラは、

Tesla Electric Light Company(テスラ電灯社)を設立し、

交流電流による電力事業を推進して同年10月に交流システムの特許を出願。

学会での発表でテスラに感銘した実業家、

ジョージ・ウェスティングハウスから研究費100万米ドルと特許使用料を提供される。

そして、ウェスティングハウス・エレクトリック社は“交流”式送電の実演会を成功させる。

 

そのニュースに激怒したのが、何を隠そうエジソンだったのだ!

そこからエジソンが始めたことが、

なんと、

 

ネガティブキャンペーン!

 

エジソンまじかッッ!?

「交流電流は危険だ!」と煽り、世論を誘導!

さらには訴訟や裏工作まで、やりたい放題だった!

それこそが「電流戦争」だったのだ・・・

エジソンの知られざる一面に驚きを隠せない!

 

ちなみに↑この映画自体も、2017年に発表されたものの、

制作会社がセクハラ騒動で破産し、お蔵入りになりかけ、

それをワインスタイン・カンパニーが買収。

トロント国際映画祭で披露された本編は、

ワインスタイン・カンパニーの強い圧力によってまとめられた製作陣にとって不本意なバージョンだったというから、

ん~。訳あり。

ちなみに2020年4月日本でも公開されるので要チェック!

 

そんなこんながありながら、歴史は進んできた。

ふたを開けてみれば、現在、世の中で使用されている技術は交流電流がほとんど。

つまり、テスラのほうが正しかったことが証明されているんだね。

 

二コラ・テスラの名言

数々の苦悩に苛まれた二コラテスラ。

彼の名言にもまた、彼の生きざまが光る。

あなたの憎しみを
電気に変換してしまいなさい。

そうすれば
世界全体が明るくなる。

 

あまりにも多くの
アイデアが頭を通過したので
ほんのわずかしか捕まえられなかった。

 

直観は、知識を超越する。
われわれの脳の中にある、素晴らしい組織に比べれば、
論理や計画的な努力は、取るに足らないものになってしまう。

 

昨日の驚異は
今日の一般的な出来事に過ぎません。

 

過去を見直してごらんなさい。
ほんの小さなことが
私たちの運命に大きな影響を
与えてきたことに気付くでしょう。

未来を見通した天才だったようだ。

 

それだけじゃない。天才ニコラテスラ脅威の発明力!

 

その後のテスラといえば、あのJ・P・モルガンからの援助を受けながら、

交流電流の他にも、いろんなものを発明してる。

例えば・・・

・無線操縦システム(ラジコン)

・放電照明(蛍光灯、ネオンなどのもとになった)

・無線送電システム(別名「世界システム」)

無線で電気を送るこの世界システムは、普及すれば、世界中からコンセントがなくなるほど脅威の発明だった。

 

「世界システム」とテスラが歴史から消えた理由

 

この世界システムは、ともすると歴史を変えたかもしれない大発明だった。

それは地球の磁場を利用して無限にエネルギーを生み出し、それを無線で世界中に送り届けられる夢のような装置。

つまり、フリーエネルギー(永久機関技術)も開発していたのだ。

 

にこら:フリーエネルギーがあれば、エネルギー資源の奪い合いによる戦争はなくなるぜ!

 

と本気で思っていた。

もし世界システムが世に広がっていたら・・・

今ごろ街の景色はまったく違うものになっていたかもしれないね。

 

しかし、“そんな良いものがあっては都合の悪い人たち”=戦争経済支配階級たちによって、その芽は摘まれてしまったのは言うまでもない。

資金提供をしてくれていたJ.P.モルガンから突如融資を打ち切られただけでなく、

実験についてもボロクソに叩かれた挙句、研究所も焼き払われてしまい、

完全につまはじきにされてしまうテスラ・・・

銅の利権を持っていたモルガンからすれば、もし無線送電が実現してしまえば、

自分たちの銅が売れなくなってしまうことに気付き、力づくでテスラの発明を抹消したともいわれている。

 

世界システム、フリーエネルギー、テスラの発明品は何処へ??

けっきょく、孤高の天才は、1943年1月7日にニューヨークのニューヨーカー・ホテルで、その孤独な人生に幕を閉じる。享年86歳だった。

死んですぐに、FBIがテスラが生涯をかけて研究しつくしてきた資料を強制没収。

社会を一変させるほどの可能性を秘めていた画期的な彼のテクノロジーの数々は、

「光線兵器」、「天候コントロール技術」、「人工地震兵器(HAARP)」として、人々を苦しめる手段としておおいに利用されるハメになってしまった。

 

HAARPとは、高周波活性オーロラ調査プログラムの略であり、

この高周波を電離層に反射させると地盤が振動する原理を使って、人工的に地震を発生させることができるもの。

核ミサイルをブッ放したり、あからさまに他国を攻撃すれば批判を受けてしまうけど、自然災害に見せかけて攻撃できてしまうという究極の武器がHAARPなのだ。

日本でも、阪神淡路大震災、東北大震災をはじめ、この人工地震兵器によって多くの犠牲者が出している。

 

自分が作ったものがそんな残酷な光景をつくりあげてしまっている事態を、テスラはあの世からどんな思いで見ているのだろうか・・・。

 

イーロンマスクもリスペクトするその才能は、今後どう社会で生かされていくのか。

もちろん、彼の残した技術は悪いことにしか使われていないわけではなく

携帯電話、テレビ、電子レンジなど、あらゆる分野において重要な礎として取り入れられ、今のボクらの生活を支えてくれている。

アメリカのカリスマ起業家イーロンマスクの会社「テスラモーターズ」にも、彼の名前が入っているように、最先端の自動操縦車にもテスラの技術が使われているんだ。

誰もが知っている「発明王」の称号を手に入れたエジソンとは対照的に、知る人ぞ知る「狂気の科学者(マッドサイエンティスト)」のレッテルを貼られてしまった二コラテスラの人生は波乱に満ちていたが

きっと、ボクらには想像もできないような、まったく新しい時代を想像していたに違いないよね。

 

だからこそ、彼の偉大な発明の数々を、争いや奪い合いのためではなく、

より良い社会を作るために生かすことのできる才能を持った新しい経済人が増えることを願ってやまない。

くだらないアプリ開発して上場だのバイアウトだーの言ってる・・・何の美学も持たない起業家経営者がはびこれてしまうような寒い世の中だけど

二コラテスラのように、まだ見ぬ時代『リアルトゥモローランド』をイメージし、創り上げていける新世代が台頭してくるであろう兆しも確実に出はじめている。

【関連記事】映画トゥモローランドの感想

 

きっと、テスラの残した数々の技術も、ちゃんと日の目をあびる日がくるだろう。彼を超えるような天才の手によってね。

 

そして、それはきっと遠い未来の話じゃなく、すぐそこまで来ているのかもしれないよ。

下矢印

『そんきょじん』ってな~に?
ポチッと聞いてね

ソラ【SONKYO-ZINE案内人】