和の伝統色から倭人の身体の秘密を読み解く!

みなさん、色って何色あるかご存知ですか?

ルッカ

なんと、和の伝統色は千色以上も存在するらしいです。

和の色を調べてみると、同じ緑でもほんの少しの濃淡で
青柳、柳色、若葉色、花萌葱(はなもえぎ)など、たくさんの種類があります。

 

その名前の由来には、植物、花、動物など、自然にあるものから付けられているのがほとんどで、四季折々の風景に囲まれて暮らす日本人の感性の豊かさ、観察力の鋭さがよくわかります。

日本人の色彩感覚

そして、日本人は世界で最も色彩感覚が優れていると言われているそうです。

確かに、日本の芸術作品にも他の国には見られない独特の繊細な色使いやデザインがありますよね。

【手毬】

【寄木細工】

字を使いだす前の日本では、「明るさ」「濃さ」だけで色を判別していました。

最も古い日本の基本色は「あか、あを、しろ、くろ」の4色です。

  • あかいは明るい
  • くろいは暗い
  • しろは濃い、はっきりしている
  • あをは薄い、淡い

に由来します。

 

和の色合いの組み合わせ「重ね色目」

その後平安時代に入ると平仮名が使用されるようになりました。
季節を主題とした文学が発展し、色彩の発展にもつながりました。

 

貴族の間では装束も季節に準じた配色を選ぶことが教養とされ、重ねの色目は日本最古の配色マニュアルと言われています。

重ねの色目とは衣類における表地と裏地の二色配色で、男女を問わず 貴族たちの装束の色あわせに使われていました。

 

十二単

その中でも最も代表的なものが十二単ではないでしょうか。

ルッカ

現代の着物に近い平安時代の成人女性の正装で、
宮中などの公の場所で晴れの装いとして着用されました。

現在では御即位の大礼の儀、皇族妃の御成婚の儀に用いられます。



重ねの色目の配色は四季折々の植物など
自然の色彩から名付けられた200を超える種類が伝えられています。

また、季節ごとに配色のセオリーがあります。

【配色の一例】

もし季節にそぐわない合わせ色目を着用していたら、センスが悪いとみなされていました。

 

そして当時、今のように化学染料がなかったにも関わらず、たくさんの色を取り入れることができたのは、染めの技術が発達していた事によるものです。

え染めは同じ色でも職人の技術によって仕上がりが微妙に異なりますが、当時はその僅かな色の違いを楽しんでいたようです。

 

江戸は贅沢ご法度!奢侈禁止令

そして江戸時代に入ると、幕府から「奢侈(しゃし)禁止令」※が出されるようになります。

「奢侈(しゃし)禁止令」

金銭的に豊かになり、
着るものや身につけるものが次第に
派手になりはじめた庶民に対して

贅沢を禁止することで倹約させ、
余ったお金を国の財政に使うという法令。

農民には木綿と麻以外の素材を禁止し、色も高価な染料を用いた染め物を身につけることは許されなく、茶色、鼠色、藍色のいずれかしか身に付けられなくなりました。

しかし町人たちはこの状況を逆手に取りました。

お洒落を楽しむために、
地味な茶色や鼠色に微妙な濃淡と色を掛け合わせ、
たくさんの流行色を作り出し身分の低い色を「粋な色」に生まれ変わらせたのです。

 

 

その色の種類の多さから
四十八茶百鼠(しじゅうはっちゃひゃくねずみ)と呼ばれました。

四十八茶百鼠は48色の茶色と百色の鼠色という意味合いですが、実際には100種類以上あるそうです。

 

和服の微妙な色合いは、四十八茶百鼠の創意工夫から生まれたのではないかとの説もあります。

そして町民たちは、表は地味でも、
裏地には華やかな色を取り入れてお洒落を楽しんでいたようです。

 

この歴史から、日本人は昔から”微差”を感じ取ることに長けていたのがわかります。

 

それは、日本人のイメージとしても多く挙げられる、

空気を読んで本音と建前を分ける

という特徴にもつながっているのではないでしょうか。

この”空気を読む”という感覚が、外国人の方はなかなか理解できないようです。

 

その理由として、日本には身体を育てる身体文化があったからこそです。

縄文時代には蹲踞が休憩の姿勢だったし、江戸時代には足育文化がありました。

 

和の身体文化「蹲踞」

蹲踞とは、日本の身体文化の一つで、
相撲や剣道の試合をする直前に相手に対する礼儀として腰を低く据える姿勢です。

 

蹲踞をすることによって、重心が下がり、体の軸が整います。

重心を頭から下腹、足へと下げることにより頭の中の不安や妄想が薄まります。

 

そして体を育てていくとツボである経穴が開いていき、いかに今まで他者を感じる事なく、自分の頭の中の妄想しか見ていなかったことに気づかされます。

周りに支えられて生きている事が身体で感じられる様になると、他者との持ちつ持たれつの関係が築ける様になるのです。

 

日本人が周囲の空気に敏感なのは、この身体文化の名残ではないでしょうか。

 

欧米の方々は蹲踞の姿勢が取れないそうで、これは本音と建前が理解できない理由としてとても納得できると思いませんか?

ここに明らかな東洋人と欧米人の身体文化の違いがあります。

 

そして、体を育てるには、土台である足を育てる事もとても大事です。

それが江戸時代に流行していた足育文化であり、SONKYOZINE内でも記事がありますのでそちらもチェックしてみて下さいね!

 

結論をまとめると、日本人は昔からある身体文化によって周囲の気配に敏感であり、
それが四季折々の色の移り変わりを感じ取る色彩感覚の豊かさにも繋がっていた、
という事です。

 

現代は都会化が進み、コンクリート社会に生きる私たちの足は、どんどん固まっていっています。

でもこれは、現代社会を生きる私達でも足を育て、体を育てることによって治せます。

 

このSONKYOZINEにはそんな身体に関する記事が沢山ありますので、気になる方は是非見に行ってみて下さい。

そして他にも、学校や職場の上司からは学べない、本当は肚の底に抱えている違和感や疑問を解決してしまう様なコンテンツが沢山ありますので、そちらもお見逃しなく!

 

それでは、続きはSONKYOZINEで!

あわせて読みたい

無料メンバー登録で
SONKYOZINEの仲間と遊べる
”秘密基地”に集合!!!

現在のメンバー数 2248
キミが本当に知りたいこと、キミが今困っていること、その違和感の全ての答えは、この向う側にある